FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月21日 3年生、5年生ディスプレイ

 春分の日です。
学校はお休みです。
いくら私でも登校しません。

そんなわけで今はもう飾られていない
幻のディスプレイ特集。
3.5年生、
その名も

20070411110945.jpg


「ザ・チェンジマン」
かっこいい!
土曜や日曜の朝にやってる戦隊物の
ヒーローみたい!

20070411110938.jpg


賢く愛らしい南山小3年生たちの
天使のような笑顔。
この平和な光景のどこに
世界征服を企む悪の組織が?!(笑)

・・そういえば南山小には
「お父さんの会」とかいう
謎の秘密結社があったなあ。(誤解)

*「お父さんの会」・・なぜか会員すべてが
         「そんな会はない・・。」
          と存在を否定する謎の組織。(爆)
          バスハイク、南山フェスティバルなどに
          出没。次の暗躍(大爆)が待たれます。

20070411110952.jpg


そういえば去年もこれ、あった!あった!
おもしろいんです。
1枚目の写真はこんな感じ。

20070411110959.jpg


ポーズがユニークでステキ!
ちょっと事件現場みたい。(笑)
可愛いお顔はお見せできなくて残念。

これをめくると・・。

20070411111008.jpg


なんとラッコに大変身!

(ラッコだったんだ!)

子どもの発想ってすごい!

続いて5年生。
みるからにインテリジェンスあふれる
ディスプレイ。

20070411111015.jpg


子どもとあなどるなかれ。
ちょっとした「トリビアの泉」。

20070411111023.jpg


「情報発信 5年生!」

20070411111030.jpg


夏休みの6年生の自由研究を
思い出します。
あまりにも素晴らしい作品がいっぱいで
当然ながら学校賞をいただきました。
・・今、思い出してもホント、素晴らしかった。
なぜ個人賞もとれなかったのか
不思議でなりません。

たぶん何かの手違いだったんじゃ
ないかしら。(笑)

私的に一番「トリビア」だったのが
これ。

20070411111038.jpg


「環境問題」はやっぱり旬!
南山小の環境はとても素晴らしいですが
環境破壊は世界的問題です。

「森林伐採」

地球の緑を大切にしましょう!
ブログは紙を無駄にしないからいいですが
つい、PTAの会議というと
資料をはりきって作ってしまう私。(笑)

(資料をいっぱい作ると大変、賢くなった
ように錯覚します。)

「とりあえず作っとこうか資料。」

ほとんど夕食の

「とりあえず出しとこうか納豆。」

と同じ感覚です。

「こんなに作ったって誰も
読まないだろうなあ。」

コピーして配布する度に思います。(爆)
一体、私のせいで何本の木が
無駄に消費されているかと
思うと大変、胸が痛みます。

20070411111045.jpg


え~?!
うっそお~!

日本の森林て守られてるんだ!
30年前と森林面積、変わってないんだ!
すごい!
日本て良い国!

通りで「南山の森」が見事なはずです。
南山小、森林面積に貢献してます。(笑)

なのでちょっとくらい資料、
作っても大丈夫でしょう。

(反省しろ!)
    s.up














スポンサーサイト

3月20日 朝の風景

 いつ見ても心温まる光景。
朝のお出迎えラッシュ!
元気に登校してくる
可愛い子どもたち。

20070411105205.jpg


明るく出迎えてくださる先生。
いやー、さわやかです。
何かのCMに使いたいくらい。(笑)

20070411105214.jpg


「祝!卒業!」ムードに美しく
飾りつけられた玄関ホール。
一生懸命、お掃除してくださる主事さんたち。

20070411105223.jpg


どこもかしこもピカピカ。
毎度毎度のことですがほんとに
頭が下がります。
学校ってたくさんのいろいろな方々の
お力で成り立ってるんだなーと思います。

20070411105232.jpg


朝のお忙しい時間の合間をぬって
校長先生もお出迎えに立たれます。

先生方、主事さん、
毎朝、毎朝、子どもたちのために
ありがとうございます。
          S.up

3月19日 アフタヌーン・コンサート トスカイ

 今年度最後の
アフタヌーン・コンサートです。
4年生の女の子グループ、「トスカイ」

(「トスカイ」には何の意味もありません。
全員のイニシャルをくっつけて
無理矢理、ローマ字読みしたそうです。)

前回、公演の時よりさらにパワーアップ!
何がアップしたって人数が増えてます。(笑)
あともうちょっと増えれば
4年生、女の子全員!

(どうせなら全員にしちゃえばいいのに。)

更に進化して4年生、全員!
・・とかになればおもしろいのになー、
などと無責任に考えます。(笑)

(男の子チームと別に分けても面白いし。)

うちの子、メンバーです!
撮影に命、かけてます!
もちろん写真、ありません!(キッパリ)

とにかくとびきり可愛い女の子ばかりです。
メチャメチャ可愛いいです。
その可愛さたるや筆舌に尽くしがたいです。(爆)

また、今度、公演するっていってますので
その時、実物をごらんください。

前回も大好評を博しました。
大好評を博しましたがそろそろ
可愛いだけでは許されなくなる年齢。
人数は多少、増えましたが曲目は
同じ「ミッキーマウスマーチ」。
二番煎じで通じるほど
アフタヌーン・コンサートは甘いでしょうか?

「音楽を身近に素直に楽しむ!」

というコンセプトのアフタヌーン・コンサート。
実際にはジャズバンドを筆頭にかなりハイレベルの
演奏が繰り広げられてます。
聴衆の耳、かなりこえてます。

・・そういう意味では前回の
「トスカイ」の公演は一服の清涼剤。

「別に特別、上手じゃなくても出演していいんだ!」(笑)

「演奏してる本人が楽しければいいんだ!」(大笑)

「こんなレベルでいいんだ!」(爆)

・・ということを万人にしらしめました。

(とっても上手な子もいれば、
それなりの子もいて多種多彩。)

全員、集まって練習できる時間も限られてます。

(てゆーかあんまりしてないし。)

いかに何でもまったく同じで大丈夫
なのでしょうか?
たしかに可愛くて楽しいですが
2回目だし、それだけってのもね。(爆)
保護者としては気になります。
心配です!

「絶対、見に来てね!」

なぜか自信満々のメンバーたち。
その根拠のない自信はなんなんだ~?!(笑)
前回はどことなく不安げだったのに。
・・何か根拠、あるのかしら?

「大丈夫、MC、入れたし。」

いっちょまえにMCなどという言葉を
使ってくるところがナマイキです。

「大丈夫、レパートリーに校歌、入れたし。」

こ、校歌?!
「ミッキーマウス」と校歌?!
究極のミスマッチと思うのは私だけ?
そもそもアフタヌーン・コンサートに
校歌とは究極の禁じ手、などと
思うのは私だけ?

「大丈夫、コント、入れたし。」

コント?!
きみたちは吉本か!(爆)

「おもしろいから見にきてね!」

・・。

心配です!
絶対、見にいきましょう!(笑)

そーゆーわけではじまりました
「トスカイ」のコンサート。
可愛いMC、可愛い「ミッキーマウス」
の演奏。
ここまでは前回と同じ。
特に演奏がレベルアップしてるって
こともない。(笑)

・・と突然、

「欧米化!」

ギャグ炸裂!(爆)
女の子、3人組、笑撃のコント、デビュー!

(アフタヌーン・コンサートの歴史が
今、塗り替えられました!)

意外にうけてます。
成功です。
やってよかったかも。

「次は校歌です。
みなさん、一緒に歌ってください。」

間髪入れずに聴衆に校歌の要請!
校歌とあっては歌わないわけには参りません。
みれば意外にたくさん、聴衆が集まってます。
・・メンバー構成から考えて
保護者オンリーだと思ってましたが
嬉しい誤算。

先生方はもとより高学年、低学年、
たくさんの子どもたちが大きな声で
校歌を熱唱!

のりにのる「トスカイ」!
何人かの女の子は行進?しながら
演奏します。

ピアノやキーボードのソロ。
演奏レベルはそれなり(笑)
ですがのってます。
なかなか見事なパフォーマンス。
あんまりのってきたので
何とここでアドリブ全開!

「エエッ?!」

息をのむ観客たち!

「あ、あれはコサック・ダンス?!」

コサック・ダンスです!(笑)

なんでコサック・ダンス?
どうしてコサック・ダンス?

どっからどう見てもコサック・ダンス!(爆)

ロシアの誇る伝統芸能が今、南山の地に
花開きました!(大笑)
「ミッキーマウス・マーチ」の曲に乗って
繰り広げられるコサック・ダンス。

(意外と曲にあってたわ。)

サプライズの連続技に大喜びの聴衆。
得意満面の「トスカイ」。
拍手喝采です。

「アンコール!」

アフタヌーン・コンサート名物、
アンコール・コール!
やった!
「トスカイ」はじめてコールをもらいました!

(前回はもらえなかったので。)

・・なにしろ実の親でさえアンコール
しようともしませんでしたからねー。
前回は。(爆)

ホントにうれしそうなメンバーたち。
でもレパートリーも時間もないので
アンコールはあっさり無視。(笑)
強引に終わらせる「トスカイ」メンバーたち。

公演終了後、興奮さめやらぬ
聴衆の子どもたち、
突然、コサック・ダンスの練習を
はじめます。(笑)

ホントに今回の「トスカイ」の公演は
良かったわ。
親バカ抜きで素晴らしかったです。
面白かったです。
パフォーマンスしてる子どもたちの
楽しそうだったこと!

もともと4年生は目立ちたがり・・、いえ、
積極的な学年。
人前で何かやるの、大好き。(笑)

でもこの程度のレベルだったら(暴言)
どの学年でもできるでしょう。
ぜひ、たくさんの子どもたちに
アフタヌーン・コンサートに
挑戦してほしいものです。

必要なのは人前で恥をかく勇気!(暴言)

*うければ勝ち。恥ずかしくありません。

初アンコール、おめでとう!
「トスカイ」。
     S.up




































































3月19日 全校朝会

 5年生、鼓笛隊再デビュー!(勝手に)
実際のデビュー戦は先週でしたが
かくかくしかじかの理由で
見損なってしまったので(笑)
今週こそ見逃せません。

20070411080315.jpg


朝のお出迎え。
おおっ!
名誉の負傷の先生ではありませんか。
さりげなく後ろに手を組まれてます。
・・やっぱり隠してらっしゃる?!(爆)

20070411080324.jpg


全校朝会のはじまり。
すがすがしい朝です。
朝会の時の子どもたちの姿勢は立派。
聞く態度も申し分なし。
毎年、この時期はどの学年も一年間の
成長の成果がありあり。
ぴしっとしてます。

20070411080333.jpg


さあ!いよいよ鼓笛隊です!
緊張の一瞬。
・・先週は途中でストップして
しまったという鼓笛隊。
今日の出来は?!

20070411080351.jpg


固唾を飲んで見守る聴衆。
祈る思いで(笑)全員が見守る中、
鼓笛隊、スタート!

20070411080400.jpg


出だしはなかなか好調。
・・それにしても校庭って広いなあ。
向こう側とこちら側にわかれる行進。
ものすごいドップラー効果です。(爆)
輪唱っぽくなってるところがすごい!(大爆)

微妙に音がずれてるのは
もちろんドップラー効果のせいに
きまってます。(断言)

校歌って結構難しい。
でも一生懸命がんばる5年生。
人数の少なさなどまったく感じさせません。
迫力あります!

20070411080409.jpg


こちらも鼓笛隊デビューの3年生。
がんばってます。
よくわかりませんが上手っぽそう。
これからはじまる下積み生活2年間。(笑)
鼓笛隊を支えるメロディパート担当。
あんまり目立ちませんが(爆)
大切なお役目です。

20070411080419.jpg


順調。
順調。
2回目にしては上等でしょう。
曲もスムーズに流れてます。
止まる気配なし!
たった1週間で成長しました!

20070411080429.jpg


一生懸命横でつきっきりでご指導される
音楽の先生。
がんばる鼓笛隊。
一直線にこちらにやってきます。
堂々の行進。
・・なんとか最後までつつがなく完奏!

20070411080438.jpg


惜しみない拍手をおくる先輩、6年生たち。
教職員の方々。
保護者約1名。(笑)
感動的光景です。
素晴らしいです。
朝からテンション高っ!(笑)

今週は小学校、最大イベント、卒業式を控えてます。
冒頭からこんなに飛ばしていいのか、
南山小学校?!(爆)

新鼓笛隊。
再デビュー、おめでとう!
        S.up





3月16日 おつかれ散会

 毎年、恒例、PTAのおつかれ散会。
今年は20名というたくさんの方々に
ご参加いただきまことにありがとうございました。

(20名こえると割引になるお店だったので
結構、熱心にみなさまをお誘いしました。)

「あなたが来なきゃ、この会は成り立ちません!」

って感じで。(笑)
でもやっぱり割引抜きで(笑)たくさんの
方々に首席していただけると嬉しいです。

お料理もおいしかったし、何より、
普段、めったにお話する機会のない
方々と歓談するチャンス!

(まー、私自身はいつもと同じメンバー
なんですけどねー。)

でも校長先生や副校長先生、PTA会長など
日頃お忙しい雲の上の方々と
ご都合を気にせずお話できる機会は
貴重です。

来年はぜひみなさまもご参加を!

・・とここまでは一次会。
ここだけの話。
「おつかれ散会」のメインは二次会以降です!
みなさん!

*ここからはフィクションてことで
お願いします。(爆)

二次会を見ずして「おつかれ散会」を
見たというなかれ!

大体、恒例で二次会はカラオケに流れます。
手頃ですし、思い切り歌を歌えば
日頃のうさもはれるし、コミュニケーションも
ばっちりです。(テキトー)
・・去年は初参加。
新人だったので遠慮して
ほとんど歌いませんでした。(笑)

(1回目は様子、見ようと思って。テヘ)

でも今年は2回目!
おおいばりで歌えるはずです。(爆)
早速、大はりきり。
すすめられもしないのに勝手に曲を入れ
まず一曲!
歌うのは嫌いじゃありません。
人から「うまい!」と誉められたことは
一度もありませんが

(「ちょっと音痴?」って聞かれたことなら
あります。)

・・世の中には失礼な人がいるものです。
この際、そんなこと知ったこっちゃありません。
カラオケは歌った者勝ちです。
一曲目は小手調べ。
さあ、二曲目を選びましょう・・。

・・?

なんでしょう?この不穏な(笑)空気は?

気が付けばそこはカラオケ会場ではありません。
「朝ナマ!」のスタジオでした。(爆)
いきなり討論会、勃発!
しかも超アツイ!

(いえ、お若いわー!みなさん!)

テーマがまた、固い!

「子どもたちのために今、何ができるか?
学校のよりよい未来のためにPTAとして!」

要約すればこんなところでしょうか。
何もオフレコにする必要などありません。
南山の広報紙に載せても遜色ない高尚な
討論会です。

カラオケは歌った者勝ち。
討論会は発言した者勝ちです。(笑)

そうと決まれば私も参戦するしかありません。
無理矢理、割り込みます。(大笑)
いやー。
かなり苦戦しました。
理論武装が追いつきません。(爆)
なにしろデカルトやらプラトンやら

「なんで今、ここで?」的、

単語が頻発。
一体、私にどうしろというのでしょう。
まー、一応、言いたいことは
言ってまいりました。(大爆)
てゆーか私の場合、

「自分の主張を訴える!」

ことを目的としてません。

「何でもいいからとにかく発言する!」

のが目的です。(笑)
今回のことであらためて気がつきましたが
私って教育や学校、PTAにたいする
かくこたる信念みたいなのが
まるでなかったんですねー。(爆)

驚きです。

あえて信念を一言で表現するとすれば

「テキトー」

かしら。
来年までにもう少し理論武装しておきましょう。

(来年こそ歌えるか?!)

とゆーわけでみなさん、
「おつかれ散会」出席されるなら
二次会、おすすめです。
         S.up


















































3月16日 4年生ディスプレイ

 正確にはもうディスプレイされてません。
校内はすでに「祝!卒業!」一色。
玄関ホールも例外ではありません。

でもせっかくなのでまるで
今、見てきたかのように
リポートしましょう。

(実際には2月の学校公開あたりだったかしら。)

20070409081221.jpg


いかにも冒険心をくすぐるタイトル!
推理小説マニアにはたまりません。
「探偵」、特に「名探偵」って憧れでしたよね。
・・微妙に過去形です。
物語の探偵と現実の探偵の仕事のギャップに
気づいた時の衝撃から今だ私は
立ち直れません。(爆)

子どもの時は華麗に事件を解決する「名探偵」
が世界に5.6人は実在するんじゃないかと
思ってたので。

(それを言うなら名探偵にふさわしいような
豪華絢爛たる難事件も無いですけどね。)

さて、4年生の名探偵ぶりやいかに?

20070409081229.jpg


インターネット検索です。
検索の鉄人ですね。
私はこれ、結構、苦手。
一応、こなしますけどなかなか欲しい情報って
たどり着けません。

(そもそもそんな注文通りの情報が
存在するかどうかわかりませんし。)

お手軽なのですが時間くうんですよね。
つい寄り道しちゃうからだと思いますけど。(笑)
4年生のお手並拝見。

20070409081236.jpg


指令「この写真の果物は?」

パッションフルーツ。
見事正解!

ふ~ん、これがパッションフルーツなのね。
写真じゃとても判別不能。
南国っぽさだけはプンプン匂ってきますが
スーパーじゃまず見かけません。

「南国の果物」とかキーワードに適当に
検索かけたのかしら。
なかなかの腕です。

20070409081243.jpg


指令「この川の名前は?」

ナイル川。
ご名答!

うわ~。全然、わからない。
あてずっぽで「黄河?」と思いましたけど
惜しくもはずれ。

でもどちらも世界4大文明発祥の地だし
良い線行ってると思います。

(何となく似てない?)テキトー。

結構、難問でしたね。
私の知らない、わからない問題ばっかりでした。
これ調査してる時、4年生たち、
とっても楽しかったんじゃないかと
思います。

続いて「詩」のディスプレイ。
同じく4年生。

20070409081251.jpg


ローマ字入力です。
一応、私もローマ字入力。
でもブラインドタッチ?(これって死語?)
はできないし打ち方も自己流なのでダメダメ。
普通に使用する分には何の支障もありませんが
タイピング・ソフトには太刀打ちできません。(爆)

(難易度にもよりますがラスボス、
倒せません。)

指使いがテキトーだからダメなんです。
でも、これ一回、癖、ついちゃうと
修復不能。
仕方がありません。
今から4年生を学校で鍛えてもらって
うちの子にラスボス、攻略してもらいましょう。(大爆)

20070409081258.jpg


パソコンの字体って千差万別。
もう覚える気にもなれないくらい
た~くさん、あります。
常に使用するのはそのうちの2.3個。
普通の文章でそんなに字体に凝っても
仕方ないですから。

唯一、人生でいろんな字体、ためしたのは
130周年用に作成した名札の字体ですね。(笑)
流麗ナントカだ、楷書ナントカだと
自分では一生使わないであろう美しくも
華麗な書体を
ためすがめつ。(大笑)

「130周年なんだから、少しでも
格調高く!」

別にごく普通のゴシックでも明朝でも
結果に大差はなかただろー、と

(その方が読みやすかったりして。)

今なら思いますがあの時は真剣でした。(爆)
10個くらい見本並べて
校長先生に最終決断を迫りました。(大爆)

「校長先生!どの字体でいきますか?」
「どれでもいいです。」

*似たような字、ばっかりでしたから。

「だめです!どれかひとつお選びください。」
「どれでもおまかせします。」
「ぜひご決断を!」

まー、ホントにどうでもいいことでしたね。
結局、ひとつ選んでいただき
その節はありがとうございました。(笑)

20070409081306.jpg


こーゆー一見どーでもいいよーな細部って
いったん、凝り出すと止まらなく
なっちゃうんです。
その気になって見ると、字体一つで
雰囲気ってガラっと変わります。

(その気になって見ないと永遠に
気づかないような違いのことも・・。)

20070409081312.jpg


4年生の苦闘?の後がしのばれます。
懲りすぎてかえって訳、
わからなくなっちゃうってのもよくある話。(笑)
最良の芸術家はどこで筆をおくか、
よく心得ている、というではありませんか。

懲りすぎるあまり読みづらい字に
なっちゃった!・・という作品はご愛嬌。(笑)

4年生、なかなか詩の雰囲気を字体で
よく表してます。
ローマ字入力、修行ははじまったばかり。
がんばってください。
おそらく一生のお付き合いになるでしょう。

20070409081321.jpg


4年生、いえ、全校生徒の作品が
輝くのも主事さん方がその舞台となる
学校をいつも美しく整えてくださるからこそ。

毎日、毎日、お掃除
ありがとうございます。
        S.up









3月15日 名誉の負傷

 別に恥ずかしいことではありません。
立派な勲章です。
お隠しになることはないと思います。
思いますが、やはり照れくさくて
いらっしゃるのでしょう。
さりげなくお隠しになっって
いらっしゃったのじゃないかしら。
しばらく気づきませんでした。

・・ちょっと待って!
きのうの愛と感動とお笑いのおわかれ給食会。
気になる映像が!

プレイバック!

20070408101705.jpg


さらに拡大!

20070408101717.jpg


名誉の負傷です。
骨折です。
超痛そう!

この間の6年生と先生方チームの
バスケットお別れ試合。
例年になく優雅なレディ先生方が
髪、振り乱されて奮戦してらっしゃるなー、とは
思っていましたが、ホントに死にものぐるいで
戦ってくださってたんですね。

左手だったのがせめてもの不幸中の幸い。
図工の先生、さぞご不自由な
ことでしょう。
それでもカメラ、片手に取材合戦。
私と張り合われる(妄想その1)
あたり、素晴らしいプロ根性!
同じ報道に携わるものとして(妄想その2)
心から敬服いたします。

「たいしたことありません。
すぐなおりますから大丈夫です。」

・・。

恐るべし!プロ根性!
そういえば去年はちょうど今の時期、
当時の6年生の担任の先生が
車イスと松葉杖の痛々しいお姿で

「たいしたことありません。
すぐなおります。」

って言い張っていらっしゃいましたっけ。
保護者一同、当時の6年生ですら

「そんなはずないだろー!」

と心の中でつっこみ、入れてましたが
本当に、すぐなおしてしまわれました!

人体の神秘!

(きっと大分無理されていたのではないかと
思います。)

先生方のたいしたことないっていうのは
常人にとってはとってもたいしたことあります。(笑)
先生方のレベルの
たいしたことあるものって何なのでしょう。

(創造するだにコワイ!)

やめましょう。
凡人にははかりかねる世界。
もともと先生方は普通の体力の持ち主では
いらっしゃいません。
鉄人耐久レースの常連さんだと
思ったほうがいいです。

(それくらいの体力と根性がなくては
先生方のお仕事は務まりません。)

私たち素人が口出しすべきことではありません。
はい。

何はともあれ、子どもたちのために
そこまで一生懸命。
先生、ありがとうございます。
どうぞ、お大事に。
      S.up





















3月14日 6年生おわかれ給食会

あと少しで卒業!
秒読み体制です。
たくさんいい思い出を作ってほしいです。

と、いうわけで「おわかれ給食」。
6年生が各学年のクラスに
数人のグループにわかれて招かれます。

20070406162642.jpg


ホストクラス。
ゲストのお迎え準備、おさおさ怠りありません。
精一杯、飾りつけします。

「6年生、大好き!」

そんな下級生の気持ちが伝わってきます。
毎年毎年、同じこと言ってますけど6年生は
偉いですからねー。
ただ者じゃありません。
南山小は少数精鋭なので余計、そう思う
のかもしれませんけど
1年間、文字通り南山小をひっぱりました。
しょって立ちました!

最高学年の名誉と誇りと責任。
重圧を物ともせず立派に責務を果たしました。

あっぱれ!

そんじょそこらの大人よりよっぽど
役に立つ!・・と実感する
今日このごろ。(爆)

*そんじょそこらの大人・・私のことです。
  南山小PTAの優秀な保護者の方々はもちろん
  この範疇に入りません。              

20070406162652.jpg


ウキウキワクワク!
6年生のお迎えにあらわれた下級生たち。
6年生大モテ。
照れくさそうだけどとっても嬉しそう。(笑)

20070406162700.jpg


おわかれ給食だから特別なのか。
はたまた偶然か。
今日の給食のメニューは一際、豪華!
超おいしそう!

あっ!

あの真ん中で燦然と輝く物体は?!

ハーゲンダッツです!
ハーゲンダッツ様が(笑)鎮座ましましてます!

今の給食ってあなどれないわ・・。
ほんとに豪華なのね。
素晴らしすぎます。

いつもいつも本当にいつも
子どもたちのためにおいしい給食を
作ってくださる主事さん。
衛生面の都合上、給食室に隔離されて
いらっしゃるので(笑)
お目にかかる機会もほとんどありません。
ありがたさは身にしみて感じておりますが
感謝の気持ちを表す機会もほとんど皆無。

歓送迎会とか新年会とかお話しする機会が
年に数度はありますがその時は
開催側のこちらにほとんど心の余裕がなく(笑)
「感謝の気持ち」
など忘れ果てているのが実情です。

「見ぬものきよし。」

(使い方違う!)

目に見えない部分、本当に影で支えてくださる
縁の下の力持ちの方に対して
感謝の気持ちを持ち続けるのってホントに
難しいです。

(たまーに思い出して自責の念にかられたりして。)

そんなスポットライトと無縁のお立場で
いながらいつも一生懸命、働いてくださる方々って
本当に素晴らしいと思います。

子どもたちへの愛情。
仕事への誇りと情熱。
モチベーションが高くていらっしゃるのでしょう。

私には無縁のものばかりですが
心から敬服いたします。

おかげさまでうちの子、偏食、ひどかったんですが
給食がおいしいおかげで大分、改善されました。

「出されたものは何でも食べなさい!」

「世界には食べたくても食べられない子が
たくさんいるのよ!残したらばちがあたります!」

当然のようにこれらのセリフをお題目のごとく
食卓で垂れ流しますが言ってるのが私なので
説得力ゼロ。(大笑)

私と一緒に食事、された方なら
おわかりになるかもしれませんけど、
私自身、そんなに食べません。(爆)

(小食のわりにスリムじゃなくてすみません。)

今でこそ特に好き嫌いはないですが
子どもの頃は残しまくり。
今でも

「まずい!」

と思ったらてこでも食べません。(大爆)

・・そんな私に育てられているのですから
うちの子が偏食なのもやむを得ません。
でも給食のおかげでうちの上の子は
すっかり偏食、なおりました!
下の子も大分、改善されつつあります!

(うーん、うちの食卓って・・。)

やっぱり、食卓にいろいろ並べるだけじゃ
偏食ってなおらないみたい。
やっぱり、みんなでおいしく食べないとね。

「食べろ。食べろ。」

って言ってる私が食べないんじゃ
そりゃ、子ども食べませんって。

(子どもに「何で食べないの?」と聞かれると
「ダイエットです!」とごまかしてるんですが
バレバレかしら。)

いつもいつもおいしい給食。
うちの子のため(笑)に主事さんがた、
本当にありがとうございます!

20070406162709.jpg


5年生、歓迎の黒板ディスプレイ。
「アメリカンジョーク」とか若干、意味不明。
・・私に教養が足りないからかしら?
何にしても感謝の気持ちは黒板からあふれんばかりです。

20070406162719.jpg


いつ見ても立派な体型の5年生たち。
さしもの6年生も埋没してます。(笑)
全学年中、1.2を争う人数の少なさですが
その分は立派に体積でカバー。(爆)
来年度、1番の注目株です!

20070406162730.jpg


おわかれ給食会の様子を取材してるのは
私だけではありません。
6年生の担任の先生、図工の先生など
ライバル(笑)多数。
・・何しろ見所満載ですから。
ライバルがいると俄然、燃えます。(爆)

20070406162739.jpg


給食前は時間がありません。
学校の子どもたちは結構、忙しいのです。
そこにイベントがからむと大変。
ルーティンワークにイベント準備にとおおわらわ。

(正確には先生が大変だったりする・・。
特に低学年。)

やけにあっさりめのウェルカムボード
だったりしますが
気持ちは伝わってきます。
伝わってきますけどそれはあくまで余白から。(笑)
いえ、余白をバカにしてはいけません!
詩とかでもよく

「行間から作者の気持ちを読み取れ。」

とかいうではありませんか。
あえて空白を作ることこそ日本画の真髄です。(テキトー)

今日はみんな必死で給食を食べます。
なにしろ食べ終わらないことには
せっかく用意したアトラクションができません。

20070406162747.jpg


アトラクション、一番人気!
マジック!

「この紙は魔法の紙です。」

バケツに水と小道具もばっちり。
固唾を呑んで見守る観衆。

20070406162756.jpg


「この紙を水の中に入れます。
この紙は水の中でも溶けません!」

自信たっぷりのマジシャン。
煙にまかれる私達観衆!

「?」

えーと、どの辺がマジック?(爆)

(フツー、紙って濡れるだけで、そんな
あっさり溶けないんじゃ?!)

20070406162806.jpg


「ほら!この通り溶けません!」

(大成功!得意満面のマジシャン!)

・・???。

えーと、これマジックよね?
これって何かのミスディレクション?(爆)

ごめん。
どこら辺にビックリすれば良かったのか
わかりませんでした。(大爆)

怪訝な表情で拍手をおくる担任の先生。

「すごーい!」

すかさず賞賛の歓声をおくる6年生たち!
さすが6年生!
心境的にはほとんど保護者の域に達してます!(笑)
つられて残りのその他大勢、一拍おくれですが
拍手喝采!

(もちろん私も拍手。)

あの紙って何かタネのある特別の紙だったのかしら。
「水の中で溶けない!」っていっても
ひたしたの一瞬だしね。

(いっそむしろ水の中で溶けちゃった方が
ビックリかも。)

きっと私にはわからない何かの文脈が
存在するのかもしれませんね。(あやふや)

20070406162814.jpg


謎は謎のままに。(笑)
アトラクション、続々、披露!

20070406162824.jpg


迎え撃つ6年生も負けじと
マジックで応戦。
6年生はマジックもうまい!
どこでビックリすればいいか
ちゃんとわかります!

(なかなかのマジシャンぶりです。)

20070406162832.jpg


これは何だっだのかしら?

「元気で力持ちのおばあさん」

のジェスチャーです。

(前後の様子がわからなくて説明不能。
何かのゲームだったみたい。)

主旨はよくわかりませんでしたが
可愛くてとっても上手な3年生でした。

・・なにしろ1年生から5年生まで
同時進行。
体は一つしかありません。
気はあせれどやる気はあれど
すべてを完璧に取材するのは不可能。
どの学年のクラスにいても

「もしかして今、この瞬間、よその教室では
とんでもなく面白いことが
炸裂しているかもしれない・・!」

心配で心配でしかたありません。(笑)

こうなったらもう賭けです!賭け!
人生すべて賭けです!(テキトー)
当たるも八卦当たらぬ八卦。

(それは占いだ!)

運を天に任せましょう。

20070406162844.jpg


これは当たりだったかも。
1年生の教室。
6年生へ感謝をこめて演奏会です。
可愛い!
上手!

1年生もこの1年でこんな芸を披露できる
までになりました。
すごい成長!
ここまで仕込まれ・・いえ、ご指導された先生の
ご苦労がしのばれます。(笑)

20070406162853.jpg


やんややんやの大喝采。
6年生のマジック!
一生懸命、練習したんでしょうね。
なかなか見事な手さばき。
後輩達、大喜び。

20070406162911.jpg


「タネは?タネは?」

おっと、タネあかしはマジックの御法度!
謎は謎のままに。(笑)

20070406162903.jpg


どの学年も精一杯のおもてなし。
6年生にはホントにお世話になりましたから。
・・南山小は学年の壁を越えて
とてもみんな仲良し。
いいことです。

(てゆーか壁がない?)

6年生の隠し芸?に無邪気に沸く低学年。
でも高学年になってくると、それだけじゃなさそう。
特に5年生は別の感慨があるみたい。

「来年は自分たちがこーゆー目に!」(爆)

なんか顔つきがそんな感じだったような・・。(笑)
6年生、今まで本当にありがとう。
5年生、来年、楽しみにしてます。
1年間で立派に芸をみがいてください。
             S.up






3月13日 4年生 車椅子体験

 うちの上の子の時もやりました。
不謹慎かもしれませんが
私にとって車いすは憧れの対象。

「一度でいいから車いすに乗ってみたい・・!」

まあ、その願いはかないましたけどね。
でもその時は真剣に激痛に苦しんで
ましたので願いが叶ってもちっとも嬉しく
ありませんでした。

(胆石です。時代劇でよくいう癪ってやつね。)

だから上の子の時の車いす体験で
十番の町中、子どもたちに押して
もらった時は我が世の春。(笑)
とても幸せでした。

(おバカです。)

・・関係ありませんけど松葉杖も憧れです。
いまだ、経験なし。
でも本当に必要な時は大変だから
楽しむどこじゃないでしょうね。

20070406131305.jpg


とっても楽しそうな4年生たち。
車いすに眼が輝きます!
やっぱり私だけじゃないですよね。
憧れの車いすよね!

最近、ベビーカーを押すこともなくなり
世の中のバリアに大分、鈍感になって
しまいました。

4年生の質問。

「1人で出かけるとき、困りませんか?」

「基本的に1人では出かけません。
誰かと一緒です。」

いい質問です。
でも仕方ないとはいえお答えは
ちょっとせつないかも。
誰だってできるものなら1人で気ままに
外出したいでしょう。
それができない今の日本の現状は
やっぱりベストとは言えません。

でも最近、1人で元気に外出なさってる
車いすの方をちょくちょく見かけます。
この辺が都心だからかもしれません。
私が子供の頃、住んでいたベッドタウンの
郊外では障害のある方を見かけることは
ほとんどありませんでした。
全然、いらっしゃらなかったのか?
それとも自由にでかけるような環境では
なかったからか?

今となってはよくわかりません。
どういった障害をお持ちの方でも
楽しく自由に暮らせる街。
それこそが子どもたちにとっても
最高の環境だと思います。

20070406131316.jpg


時間を過ぎても車いすにむらがる子どもたち。
そうよね。
憧れの車いすよね!
その気持ちよくわかります!

(不謹慎でごめん。)

ドラマに出てくる車イスなんて結構、
かっこよかったりするし、
近所で車イス使ってる方もいらっしゃいますが
意外におしゃれ。
ご使用になる方も

「今度は何色がいいかしら?」

とかほとんど新車選びに近いノリ。

最近は・・というかこの辺では
車いす自体はものすごく珍しいってことも
ありません。
これってとってもいいことだと思います。

それにつけてもやっぱり
憧れの車いす!(爆)

ぜひ元気な時に乗りたいです。

(必要ないって。)
     S.up


















3月12日 H19第1回役員会

 わかっちゃいるのにやめられない!
・・いかに私が早起きとはいえ、朝は戦場。
いかにテキトーに資料を作っているとはいえ、

(一生懸命作ってま~す。)

当日の朝にすべての資料を一気に作って
しまおうなんて無茶な話。
しかしあえて困難に挑戦してこその人生。
できない!と最初からあきらめずに
チャレンジすることが大切なのです。

(我ながらすごい曲解。)

うちの子でさえ、

「明日の準備は今日のうちにする!」

と言ってランドセル詰めてます。
見習わないといけません。
そんなこんなで資料作ってて
全校朝会をあきらめました。(笑)

・・そもそも

「こんなに資料いらないかも・・」

資料作るの好きなので(笑)
つい、作っちゃうんです。

いつもながら役員会は地味なので
写真無パス。(爆)

本部って聞くと昔は華麗に活躍する
エリート集団のようなイメージが
ありましたけど

(上の子が入学したての頃ね。)

「恐れ多いわ。
私には一生、縁の無いところだわ。」

はっきり言って超こわかったし。(大爆)

でも実際はそんなこと全然ありません。
仕事は超地味だし。

(派手な仕事って何?)

役員会はサクサクすすみノー・プロブレム。
・・と思いきやここで校長先生が
爆弾発言!

「今日の朝会で5年生が鼓笛隊デビューしました。」

え~っ?!

聞いてないよ~っ!!

しまった!
先週、引継式、取材しそこなったので
気が付かなかったんだわ!

そ、そうか!
今年度にもう新鼓笛隊ってデビューしちゃうのか!
てっきり来年度かと勘違いしてました。
もうすぐ終業式と卒業式。
小学校最大のイベントを後ろに控え、
今日あたりの朝会はみんなセーブ気味。
地味に終わるだろう、と
読んでいた私のあさはかさ。

・・抜かった・・!

「まだまだ、練習、はじめた
ばかりでこれからです。
今日の演奏は途中で止まっちゃって。」

そ、そんな面白いことが
私の留守に?!

「そしたら見守ってた6年生が
「止まっちゃダメだ!続けろ~」って
5年生に声かけて。」

そ、そんな感動的なことが
私の留守に?!

「それでやっとまた演奏はじめて。
ああやって6年生が見守ってくれて
後輩の5年生を応援してくれてるのって
何かすごく良かったです。」

くどいようですがそんな素晴らしい
ネタ、いえ出来事が
私の留守に?!

もう!
私のいない時に限って面白いことが
おきるんだから!

(被害妄想)

わ~ん。
見たかったよ~。

今さら後悔しても後の祭りです。
5年生、来年も面白いことしてください。(笑)

(あっ!来年は6年生ですね。)

教室で6年生からのプレゼント発見。

20070406061957.jpg


とっても可愛いエコごみ箱。
カラフルでヴィヴィットでおしゃれ。

20070406062009.jpg


ヴィジュアルもナイスだけど
機能的にはもっとナイス!
楽しく分別できます。
・・ところでミックスペーパーって何?
私の知らない分別があるみたい。

ミックスペーパーって燃えるごみでも
燃えないごみでもないってこと?

(資源ごみか何かかしら。)

あとでそのへんの子どもつかまえて
聞いてみましょう。(笑)

20070406062016.jpg


今の子は偉いなあ。
すばらしい環境意識です。
小学校からきちんと教えれば
地球環境もなんとかなるんじゃないかしら。
こーゆーの見ると人類の未来も
捨てたもんじゃない、と思います。

20070406061948.jpg


6年生、最後の作品、木彫り時計。
さすがに素晴らしい出来です。

「うちの子のが一番、上手!」
「うちの子のが一番、ステキ!」
「うちの子のが一番、うまい!」

海より深い親の愛。

木彫り時計の展示の前でわき起こる
6年生保護者の方々の

「うちの子が一番!」コール!(笑)

・・冗談ぽく、みなさん、おっしゃってますが
眼がホンキです。

「もちろん○○くんのがダントツですよ!」
「なんたって○○ちゃんのがサイコー!」
「○○くんの作品には誰もかないません!」

ろくに作品も見ずに熱心に相づちを打つ私。(爆)

(一番いいのは去年うちの上の子が作った時計です。)

・・どの時計も世界一だと思います。
          S.up









3月10日 ジャズバンドおわかれ演奏会

今年度、最後の活動。
何と持ち歌(笑)全曲、一挙公開!

「ウィー・ウィル・ロック・ユー」

を皮切りに

「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」
「ベーシック・ベーシー」
「イン・ザ・ムード」
「ダンシング・クイーン」
「ルパン三世」
「シング・シング・シング」

レパートリー全開!

え?

「ダンシング・クイーン」?

いつのまにか新曲も加わってます!
この期に及んで)恐るべし!
南山シャズバンド!

なつかしい曲です。
いえ、私が産まれる前に流行ってた曲ですので
詳しく知りません。

*「嘘つき!」などというご指摘は着信
拒否ですのであしからず。

聞いてすぐにアバとは思い出せず

「誰だっけ?・ノーランズ?」

などと考えてしまいました。

(わかる人にはわかります。)

私と同じくジャズバンドの子どもたちも
知るはずのない曲。
でもノリがいいしわかりやすいメロディ。
難なくこなします。

この間アフタヌーン・コンサートで
披露したばかりの「ルパン三世」も
大変な上達ぶり!
どこから聞いても立派な「ルパン三世」!
・・ちょっとアレンジしてあるので
アニメで聞き慣れてると違和感あったりしますが
もう大丈夫。
こっちの「ルパン」が本物です。(笑)

あらためて聞くとジャズバンドの曲って
ホント良い曲ばかり。
聞いてて飽きないところがいいです。
やっぱりジャズで良かった!
結成当初は

「ジャズ?
なんでジャズ?
どのあたりがジャズ?」

とか思いましたけど。
(今だから明かせる真実!)
ま、今でもジャズって何がジャズなんだか
よくわからないんですが(爆)
聞いてて面白くて気軽に楽しめる
ところがいいですね。
それに何となく

「え?それもジャズなの?」

って感じでいろいろな曲、やってくれる
のが大変、嬉しいです。

何はともあれ感動のファイナル・コンサート。
もちろんビデオ撮影に命かけてますので
写真なし。(爆)

いやあ、みんなうまくなりました。
これがまた、新年度で逆戻りかと思うと感無量。(大爆)
がんばれ!
南山ジャズバンド!

今年度大活躍の部長も引退。
感動の最後の挨拶はいたって手短。(笑)
それでも2代目部長、栄光の初代部長のご挨拶よりは
長かったです。

(初代部長は「何か一言!」と言われて
「いただきます!」とホントに一言で終わらせました。
・ ・南山の子って本当に素直だなあ。)

初代団長、今回、残念ながらお仕事が忙しくいらっしゃれません。
2代目団長も同様の理由で欠席。
みなさん、私のように専業PTA(笑)ではいらっしゃらないので
仕方ありません。
仕方ありませんけどちょっとがっかり。

「初代団長の代わりに奥様からご挨拶があります。」

夫唱婦随。
大変、ご立派です。でも正直、

「な~んだ、代理か・・!」

ちっとも期待してませんでした。(暴言その1.)
でも聞いてビックリ!見てびくり!
・ ・素晴らしいスピーチでした。
大人のスピーチでこんなに感動したのはひさしぶりです。

(いえ!みなさまのスピーチは素晴らしいです!
これはひとえに私個人の感受性の問題です。)

あんまりすばらしかったので早速
賞賛にかけよります。

「すごい良かったです!
・・原稿書いたのご主人ですか?」
(暴言その2.)

ご自分ですべて考えたそうです。
しかも暗記してました。すごい。

「ほんとに良かったです!
・ ・いままで○○さんのこと見損なってました!
こんなすごい方だったんですね。
見直しました!」
(暴言その3.)

う~ん、何だか微妙に失礼なセリフが多いような。(爆)
でもそれくらいお見事なスピーチだったんです。
暴言、お許しください。

「みなさんがジャズの活動を続けられるのは
ここにいらっしゃる方、いらっしゃらない方、
多くの方のお力があってこそです。
南山のように素晴らしい環境でジャズバンドができるのは
大変幸せなことです。
小学校のジャズバンドは決して多くはありません。
みなさんは港区の、日本の小学生の代表としてジャズを
やっているのです。
そのことを忘れず誇りを持ってこれからも活動してください。」

だめだわ!
素晴らしいスピーチすぎてうまく要約できません。
でも私の筆力ではこれが限界。
これで勘弁してください。

(実際はこんなものじゃありません。
保護者の中には感動のあまり涙ぐまれる方も
いらしたくらい。)

南山の子どもたちが超優秀なのはやっぱり
私たち保護者が素晴らしいからなのだということを
あらためて再認識しました。(笑)

(何となくそうではないかとひそかに思っては
いましたが。)

やっぱりそうだったか!(大笑)

カエルの子はカエル。
能ある鷹は爪を隠す。

きっとまだまだ実力を隠していらっしゃる
奥ゆかしい保護者の方がたくさん埋もれているに
違いありません。
・・発掘しなければ!(爆)

でも本当に団長の奥様のおっしゃるとおりです。

「わたしたちが言いたくてもうまく言えないことを
ホントに上手にわかりやすく子どもたちに伝えて
くださってありがとうございます。」

ある保護者の方のお言葉。
そう、そうです。
私が言いたかったのもこういうことなんです。
決して暴言、言いたかったわけじゃありません。(爆)

和気藹々の中、みんなで最後に歓談。
お茶とお菓子で締めます。

みなさん、おつかれさまです。
本当に楽しかったです。
良い1年でした。
来年度もよろしくお願いします。
         S.up




































プロフィール

南山小PTA

Author:南山小PTA
更新は会員の皆様の協力で行っています。写真について削除を希望の会員の方は御一報下さい。nanzanptahonbu@gmail.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。