スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月23日 3年生

 なぜ、南山小の展覧会は
こんなにレベルが高いのであろうか?

もちろん、

「もともと、うちの子たちの
できがいいのよ!」
「さすが私の子だわ!血はあらそえないわ!」
「育て方がいいからよ!」
「南山の子はみんな天才!」

などなど(笑)すぐに思い浮かぶ
諸々の要因はあります。

20061230112533.jpg


そういう議論の余地無くすでにして
あきらかな要因はあえて無視するとして
(ワッハッハ)

思うに「昔の小学校」との
一番の違いは

「先生のご指導」 です。

こういっては何ですが「雲泥の差」。

20061230112542.jpg


昔は子どもがうじゃうじゃ(笑)
いました。
昔だって先生方は一生懸命、ご指導
してらした、しようと努力してらした
と思います。

でも時間的、物理的に不可能なことは
いかに個人が努力しても不可能!
無理のものは無理!
できないものはできない!

現在の南山小で行われているような
生徒、1人1人への

「きめこまやかな指導」

は昔のマンモス小学校では
望むべくもありません。

どだい、人数が違いすぎます。
くらべること自体、無理があるというもの。
ですがどうしてもくらべたい。(笑)

20061230112554.jpg


あえて一言、云いたい。

・・私だって子どもの時、こんな
素晴らしい指導、してもらえてたら
もっと良い作品、作れました。

「展覧会の選抜メンバーになれてたわ~っ!」(妄想)

そしたら私の両親もどんなに
喜んだことでしょう。(笑)

*過去ログ参照・・しなくてもいいです。(笑)

20061230112601.jpg


ひとつひとつのテーマ、手法も
きちんと考え抜かれてます。
低学年なんかあんまり深く
考えず楽しく遊んでるだけでも
立派な作品になっちゃうような
ものがゴロゴロ。

20061230112619.jpg


偶然だろうと先生のたくらみ(笑)
だろうと一度、自分の手で

「こんなすごい物が作れた!」

っていう成功体験があるとなしでは
大違い!

20061230112646.jpg


我が子の見事な作品の展示
を見るにつけ

「うちの子、マジに天才かも・・?」

と保護者が甘い夢に酔うのは当然として
当の天才?本人も

「もしかしたら自分は天才かも・・?」

などと程度の差こそあれ自信を
持つものです。(笑)

20061230112654.jpg


「天才!」

とまで思う必要はありませんが
自分は

「やればできる!」

て思えることは大変、重要でしょう。

図工だけに限ったことでは
ありませんがこの「成功体験」。
小学校においては何らかの

・・親はほとんど何もしないので
 ズバリ、先生方の・・(爆)

指導が重要。

なかには生まれつきできちゃう
本物の天才もいるのかもしれません。
でも大多数の子は違います。
せっかくの才能だって
掘り出してあげなきゃ埋もれちゃいます。

20061230112703.jpg


特に低学年では顕著。
・・先生のご指導なくして
展覧会はありえません。
具体的にどこをどーゆーふーに
ご指導なさったのかは
よくわかりませんが
授業を学校公開などで拝見する限り、
先生はしょっちゅう、子どもたちに
話しかけていらっしゃいます。

(優しい笑顔!)

*いつもお優しいのでたまに
お怒りになるととっても怖い!
・・だなんて一般の保護者にはかけないわ!(爆)

子どもたちもいたずらに遠慮したり
臆することなく先生に話しかけます。
何より、自由に自分の意見を出せる雰囲気、
明るく楽しい雰囲気が最高。

「こんなことして失敗したら
どうしよう?」
「こんなこと他の子はやってないし、
恥ずかしいからやめとこう。」

みたいなマイナス思考がまったく
感じられません。

20061230112713.jpg


本当に楽しい授業です。
だから、素晴らしい作品が
生まれるんでしょうね。

・・ただ、なぜ、最終的に子どもたちの
作品がああも素晴らしくなっちゃうのかは
正直言って疑問。(爆)

どうして?
どうして?

学校公開で見ている限りでは
はしにも棒にもかからないような
作品が結構、あったのに。(大爆)

たぶん魔法!
先生の魔法です!

アッ、それとこの

「チョコレート王国」

個人的に大好き!
とてもきれいで夢があります。
お姫さま物は大人になった今でも
ツボなので。
  ・・以下、「作品展 4年生」に続く・・
Shibayama up



スポンサーサイト

11月23日 作品展 2年生

 本当に南山小の展覧会って
レベル高い!

(他の学校はみたことありません。)

先生方はあっちこっち転勤とかで
異動なさってるから
たぶん、どこでも力、
入れてるんでしょうけれど。

(いえ!南山の子は超優秀!)

20061230102032.jpg


明らかに「ドヘタ!」(笑)・・な作品とか
「弁護の余地なく手抜き!」(大笑)・・な作品が
ひとつもありません!

その昔はそういう作品だらけだった
気がするんですが。
(過去の記憶が走馬燈のように・・。)

20061230102040.jpg


南山の子は
全員、自分の作品が展覧会に展示されて
大勢の人が観賞に訪れることを
知ってます。
それはやる気も出るってものでしょう。(笑)

20061230102049.jpg


「とりあえず描いとこうか
チューリップ!」

とか

「これでいいでしょ。富士山!」

とか

「青一色でいっちょあがり!
 (海と空)!」

とか

「何か文句ある?
(地平線に家と家族)!」

とか私がよく描いてた絵が
一枚もありませんものね。

(明らかにテーマと違うので
無くて当たり前ですが。)

要するにそうした「手抜きテイスト」(笑)
の作品がこれだけあって
1枚もないということです。

これは、すごい!

20061230102056.jpg


私の場合、ほとんど確信犯。(笑)
お絵かきは苦手だったので。

(低学年の時ですが。)

メチャメチャ、手抜きです。(大笑)

ホントはもうちょっとましな
題材、探せたはずですが
作業が遅くて時間がいつも
足りないのでテキトーにお茶、にごします。(爆)
でもこんな絵でも指導?されたこと
一度もありません。

明らかに「手抜き!」の匂いがむんむん
なのになぜ、注意されないか?
カンタンです。
こつは画用紙に余白を残さない
ことです。
とにかく色塗りだけは完璧に!(爆)
そうすればOK!

(まわりにはもっと「手抜き」!の絵が
野放しにされてましたから。)

う~ん、これでは展覧会に飾って
もらえないはずです。(大爆)

20061230102104.jpg


ひきかえ南山小の展覧会!
すべての作品から

「一生懸命さ」
「楽しさ」

が伝わってきます。
見ていて本当に気持ちがよいです。

20061230102115.jpg


どうせド素人。
作品の価値なんてマジメによくわかりません。

「一生懸命、作った作品か。
手抜きの作品か。」

くらいはイヤでも気づいちゃいますが

「うまいか?へたか?」

なんて自信もって言い切れません。

(展示されてるとどの作品も
傑作に見えます。)

20061230102134.jpg


すべて基準は

「面白いか。面白くないか。」
「好きか。嫌いか。」

の二者択一!(笑)

20061230102143.jpg


正直な話、ジャズバンドの演奏だって
時々、

「この演奏は上手なのであろーか?
それともそーでもないのであろーか?」

「今のは気のきいたアドリブだろーか?
それとも単なる間違いだろーか?」

「このメロディはなじみのとちょっと
違うけど、アレンジだろーか?
それとも音程、はずしてるだけだろーか?」

とか悩んじゃいます。(爆)

(いえ!ジャズバンドは天才。
永遠に不滅です。)

でも聴いててとても楽しい!
ワクワクします!
大好き!
ジャズバンドの大ファン!

私にとってはそれが
一番、大事です。

20061230102153.jpg


同じ論法で展覧会、大好き!
2年生の絵も大好き!

(う~ん、ちょっと強引な展開かしら。)

どうしましょう。
またしても写真とコメントがあってません。(爆)
・・ま、いいか。

いつか、写真とコメントがしっくりする
日が来ることを信じて・・。(大爆)
  ・・以下。「作品展 3年生」に続く・・
Shibayama up






11月23日 作品展 1年生

今の小学校と昔の
(あら、いつかしら?)
小学校の一番の違い。
人により意見はわかれることでしょう。

私的には一番の違いは図工!・・だと
思ってます。
とにかく昔は子どもがうじゃうじゃ(笑)
いました。
たぶん、担任の先生くらいは
きちんと名前を覚えていて
くれただろうと思いますが(大笑)

全校を相手になさる専科の先生って
本当に把握なさってたのかしら?

(一学年、5クラス、6クラス、
あったのよ~っ!)

20061230092149.jpg


そもそも展覧会なんてあったかしら?
記憶にありません!
第一、飾る場所もなさそう。
おそらくあったとしても
エリート選抜。
うまい子だけの特権だったんじゃ
ないかしら。

・・記憶にないってことは
私はエリート選抜に入れなかったって
ことでしょうね。たぶん。(笑)

20061230092157.jpg


図工は大好きな科目でしたけど
手先は特に器用でもないし、
才能あふれるってタイプじゃなかったし。

20061230092204.jpg


考えてみれば可哀想な私の両親!
一度くらい我が子の作品が飾られている
所を見たかったことでしょう。
(しみじみ)

20061230091439.jpg


超優秀ってわけでもなく
ワルガキでもない、まあまあ、
良い子ちゃんて全然、目立たないんですよね。

良い意味でも悪い意味でも
脚光浴びることなく6年間が
過ぎちゃう!

20061230091446.jpg


もちろん、超優秀で先生に
誉められてる
子はとてもうらやましかった
ですけど、
大変、悪い子(笑)
でよく先生に叱られてる子も
すごくうらやましかったです。(大笑)

20061230091454.jpg


授業中、指される以外で
先生に話しかけてもらえる
ことなんてほとんどありませんでした!
たま~に、
(一年間に数えるほど。)
話しかけてもらえると
それだけで嬉しくて
照れくさくて逃げ出しちゃいます。(笑)

20061230091523.jpg


「何か心配なことや、困っていること。
勉強でわからないことがあったら
遠慮なく先生の所に来るように。」

でも別に特に心配なことも
困ってることもないし、勉強だって
超優秀!ってほどじゃなくても
先生に助けを求めるほど
出来がわるくもない。

20061230091540.jpg


明らかに先生の援助の手を
必要としている子が(笑)
周囲にゴマンといるのに
ハンパな良い子の出番はありません。

(テレビドラマのものすごく
不幸そうなヒロインに
憧れたな~)(笑)

20061230091549.jpg


おっと、いけない!
写真とコメントがまったく
あってないわ!(爆)
要するにたとえどんな作品であろうと
燦然と展示していただける
今の学校はいいなあ~ってことです。

20061230091601.jpg


それと今の保護者ですね。(笑)
展覧会に出かけさえすれば
我が子の作品が堂々と飾られてます。
・・不思議なもので飾られてると
それだけでみ~んな傑作に
見えちゃいます。

「うちの子、ひょっとして
天才かも・・?!」

なんて美しい誤解(笑)に酔いしれる
ことができます。

何はともあれ
1年生の作品、とっても
可愛かったです。
(唐突にまとめ。)
  ・・以下、「作品展 2年生」に続く・・
Shibayama up










11月23日 作品展 全校共同作品

作品展のメイン会場は
いわずとしれた体育館!
・・入口付近でちょっと時間を
喰いましたが、

(PTA作品鑑賞)

本編?はこれから!
まだ、中にも入ってません。(笑)

20061229130540.jpg


入ってすぐ、アンケートBOXあり。
いつも「書こう!書こう!」・・と
思っててつい、パス!
メンドクサくて書いてません。

(おいおい)

いけません。
正しい大人の態度とは言えません!
みなさん、書きましょう!

(ま、今年はブログ読んでもらえば
いいかな、なーんて・・。)

20061229130550.jpg


く~っ!
かっこいい!
達筆でそれっぽい?文章って
ムチャクチャかっこいいですよね。
どなたがお書きになったのか
存じ上げませんが良い感じ。

・・こーゆーのみると

「私も書道、やろうかしら・・。」

あるいは

「やっとけば良かった・・!」

なんて思っちゃいます。(笑)

(その時だけ。)

ああ、字が上手なのってホント
人生の財産!

(いざとなったら字の上手な人に
頼めばいいや!)

・・今までもそうやって生きてきました。
持つべきものは達筆のお友達です。(笑)

20061229130601.jpg


入口よりの体育館全景。

「130周年おめでとう!」

の垂れ幕がナイスな
スパイス効かせてます。

・・正直、

「130周年記念式典やらなにやら
に忙殺されて、今年の作品展はきっと
しょぼいに違いない・・!
でも、今年だけは温かく見守って
さしあげよう!」

などと寛大な気持ちでおりました。
でもパッと見、過去の展示とくらべても
遜色なさそうなので一安心!

「ものすごくしょぼい!」

ってことはなさそうです。(爆)
・・先生方、どうやってうまく
ごまかされたのかしら?(大爆)

20061229130613.jpg


まあ、遜色ないどころか
例年にくらべても高水準。
この分ならきのう、

「きっと今年は作品数、
少ないから、あっという間に
観賞できてしまうに違いない・・。
いつもは2日間に分けてじっくり
見るけど、今年はそうすると
退屈してしまうかも。
・・一日観賞にしておこう!」

などと観賞を敬遠しなくても
よかったようです。(笑)

(私なりの「思いやり」だったんです。はい。)

20061229130639.jpg


この忙しいのに
いつの間にこんなに作品、作ってたんでしょう?!
これだけ揃えるのはかなり
大変なはずです。
本当に全部、子どもたちが制作したのか?!(爆)

20061229130648.jpg


おさえきれない疑惑?に悩む私を
優しく見下ろす130周年シンボルマークと
「ホッシーくん」。

かといって

「全部、図工の先生が1人で作りました!」

っていわれたらそれはそれで信じがたい。(笑)
いえ、ますます信じられません。(大笑)

(アリエナイ!)

20061229130659.jpg


毎回、工夫を凝らした
「全校共同作品」!
いつもいつも立派な作品で
見る度、心配になるんですよね。

(え?
どうして?)

「こんな素晴らしいアイディアを
惜しげもなく使ってしまったら
次回はやることないんじゃないかしら・・?」

いくら2年に一度とはいえ
アイディアってそんなにたまるもの
なんでしょうか。

(私の心配するすじあいじゃ
ありませんけど。)

そしてこちらが記念すべき130周年の、
今年の

「全校共同作品」!

20061229130832.jpg


わあ!きれい!

(一体全体、何かしら?)

会場中央、一際華やかに
目を引きます。

20061229130715.jpg


「ウォーターフォール」
ぴったりの名前。
そういえば滝って感じ。

20061229130747.jpg


美しいイメージです。
雄大かつ繊細で詩的。
全校共同作品にふさわしいテーマ。

20061229130800.jpg


そう、くぐって遊ぶこともできます。(笑)

20061229130842.jpg


こんな感じ!
私もくぐってみましたけど
中から見るとまた、違った風景が
広がります。
何と素晴らしい参加型作品!
こういう体感できるところが
現代アートのアートたるゆえんか?!

(テキトー。
云ってる本人も意味不明。)

20061229130853.jpg


後方からの眺めもなかなか
イケてます。
カラフルでとってもきれい。
何が結びつけてあるんでしょう?
最初、

「風船?」

とか思いましたがどうやら違うみたい。
よくよく見てみると

「こ、これはもしや傘の袋・・?!」

スーパーとか行くと店頭に
出してあるやつ。
色といい(透明です。)
形といいあれにそっくり。

念のためうちの子に確認してみると
まさしくビンゴ!

「かさの袋にセロハン詰めた。」

とのこと。

なるほど!
ナイスアイディア!
雨の日に手分けしてお店から
ごっそり持ってきちゃえば
経費もかかりませんし(爆)

*もちろん130年の歴史と伝統を
誇る南山小はそんなセコイことしません。

カンタンで見た目もとってもきれい!

「その袋にセロハンテープ輪っかにして
つけて後は思いっきり投げるだけ。」

え?
そんな風にして付けたの?!

「芸術は爆発だ!!」

ってやつかしら。
おそるべし!
現代アート!

*付け方は人、それぞれ。
うちの子のように投げつけたのは
少数派。(笑)
大多数はちゃんと考えてつけたようです。

(上の方ははしご、使ったらしい。)

「すっごくおもしろかった!」

う~ん、それはおもしろいかも。
ちょっと私も投げてみたいです。(大笑)

でも、ま、毎度、毎度、
そうやって生徒、遊ばせながら
楽しませながら全校で作り上げて
いくところが「全校共同作品」の
すごい所。

緻密に計算された作品より
結果的に大胆で迫力ある作品に
なってたりしてホントに感心します。

なにせ「共同作品」だけは手を
抜けませんからね。

各学年の個人作品。
おのおの我が子の作品だけは
「モナリザ」並の熱心さで観賞したり
しますがよその子の作品は
あっさりスルーしちゃう場合も・・。(笑)

でも「全校共同作品」は全校の
熱い注視のまと!

「うちの子の投げた(あるいは付けた)
傘袋はどれ?!」

などの細かいチェックから

「うちの子の投げた(付けた)傘袋が
一番、光ってる!センスいい!」

などという親バカ炸裂(笑)まで
決して、手を抜くことは許されません・・!(爆)

(もちろん、図工の先生はすべてに
おいて手を抜いたり、なさいません。)

私はいつも各学年の作品、たとえ
よその子でも見るの大好き。
子ども嫌いの私にしては
珍しいことです。(おいおい)

もっとも、

「このテーマでうちの子が作ったら
どんなに素晴らしい作品ができるかしら?!」

とか

「何て素敵ななテーマかしら!
うちの子にもぜひ、やらせたい!」

とか考えてるのはすべて我が子がらみ。
世界の中心は我が子!だったりします。(爆)

でも、これだけの展示数だと一日じゃ、
ちょっと観賞、きつかったかしら。

(だって「しょぼい!」とか予想してたし。)

体育館、そんなに占拠、できないから
仕方のないことですが1週間、せめて
3日間くらいまるまる、欲しいです。

(最終日は午後2時だし。)

ああ、きのう、遠慮しないで
見ておけば良かった・・!(笑)

南山小展覧会。
「130周年記念」の名に
恥ぬ充実ぶりです。

  ・・以下、「作品展 1年生」に続く・・。
Shibayama up










































11月23日 作品展 PTA

 今日はみんながお楽しみ。
「作品展!」
南山小の総力が結集されます。 

20061229115729.jpg


エッ?
嘘!?
「作品展」じゃなくて「展覧会」?

20061229115743.jpg


「展覧会」だったの?!

・・どっちでもいいといえば
いいんですけど。
私、作品展だとばっかり。
でも「展覧会」の方がより格調高い
響きがあるかも。
ま、あえてどっちかに統一!
・・てほど緊急な事態でもないし。
気にしないことにしましょう。(笑)

まずは腕試し。
親愛なる「PTA」の方々の作品から
拝見しましょう!

20061229115800.jpg


何という勇気ある方々!

「PTAの作品が足りません。
ぜひ出品を!」

間際に挙げられた悲痛な(笑)叫び。
それに呼応して

「我も、我も!」

と出品が相次いだようです。
愛くるしい子どもたちの作品以外
まったく興味がなかったりする
駄目な大人の私。(大笑)

正直、 ホントに興味はなかったりしますが(爆)
この栄誉ある「展覧会」にご自分の作品を
飾られる勇気には心底、敬服です!

(だって南山小の作品展て、
マジにレベル、高すぎ。)

たかが子どもと侮るなかれ。
見応えあります。
私なんてとてもとても自分の作品
出す勇気、ありません。

「いや、大切なのは上手に
できたかどうか、ではない!
一生懸命、やったか、
楽しくやったかどうかだ!」

・・その上で作品の客観的、出来不出来に
かかわらず、

「これが私の精一杯の作品です!」

と万人に示すことができれば
それこそ子どもたちにお手本と誇れる
立派な生きる姿勢!

「どんなに下手くそであろうと
出そうかしら・・?」

一瞬、迷いましたが作品もたくさん、
集まったようですし、

(ま、いっか。
あえて、恥、かくこともないか。)(爆)

あっさり、断念。

20061229115753.jpg


そんなこんなのいきさつあれど
今はゆっくり観賞のひととき。

20061229115839.jpg


さすが優秀な南山小の子どもたちの
保護者の方々。
多彩なご趣味をお持ちです。
仏像から焼き物?
ジオラマ?までお見事です。

20061229115847.jpg


素敵な絵画や写真まで。
PTAのみなさんの豊かな教養、
日常生活の美意識の高さがうかがえます!

(常日頃、薄々気づいていましたが・・。)

20061229115854.jpg


素晴らしいです。
掛け値無しにレベル高い作品から
好感度100%の微笑ましい作品まで(笑)
どれも素敵な作品。

20061229115904.jpg


手作りってやっぱり最高!
物を自分の手で作り出すって
いいですね。

(・・私も思いきって今度は
何か出してみようかしら?)

愛情たっぷり。
生きる希望を感じさせてくれる
力強い作品がいっぱい。

20061229115912.jpg


やっぱりこうした作品の
面白さって単純な「うまい、ヘタ!」じゃ
ありません。

(「ヘタウマ」って言葉もあるくらいだし。)

大事なのは個性、オリジナリティです。

「一生懸命、楽しく作りました!」

って感じが最高です。

PTAの方々の作品を見ていると

「私もやってみよう!」

って気になります。(笑)
・・そしたら誰か「ヘタウマ!」とか
思ってくれるかもしれませんし。

20061229115921.jpg


最愛の奥様の作品を激写なさる
ご主人様!
ヒュー!ヒュー!(笑)

うるわしい光景です。
心温まるシーンです。
こういうおうちの子はきっと
非行に走りません。

(「子どもを非行に走らせたかったら
両親が目の前でケンカするのが
一番です。」

とこないだテレビで云ってました。

上の子の中学でも

「お子さんの受験でご両親がもっとも
気をつけなければならないことは
お子さんの目の前で絶対にケンカ、
しないことです。」

と先生がおっっしゃってました。)(笑)

家庭に限らず、どこでも平和が一番。
こうして展覧会を楽しく観賞できるのも
平和だからこそです。

20061229115931.jpg


超見事な作品、発見!
モデルさん(笑)の着てるポンチョ、
何とお母様の手作りです。
お店で売ってる製品みたい!
てゆーかお店で売れます。

「何で(作品展に)出さないの?
何で?!」

(こんなに上手だったら
私なら絶対、出すのに!)

「だって出したら今、着られないじゃ
ないですか。
(子どもに着せるために編んだのに。)」

そりゃそーだ。(笑)

でもせっかくの素晴らしい作品。
みなさん、ブログでご鑑賞ください。

(モデルさん、これ着てよく
そのへん、歩いてます。)
Shibayama up




11月22日 ルパン三世

 南山ジャズバンド、新曲に挑戦!
あの、おなじみの名曲。
日本人なら誰でも耳にしたこと、
あるはずです。

20061225061945.jpg


私はこの曲、大好き。
まだ、はじめたばかりだから
本当はアップテンポの曲だけど
とてもゆっくり。

20061225062000.jpg


速度ってとっても大切ですね。
失礼ながら最初、別の曲かと思っちゃった!(笑)

・・出だしとか「オペラ座の怪人」に
そっくりだったし。(爆)

何かすっごく難しい曲らしいです。

(ちょっと簡単目にアレンジしてあるらしい?)

20061225062010.jpg


その曲とは・・
じゃ~ん!

20061225062020.jpg


「ルパン三世」!

(まあ、いまさら「じゃ~ん!」も
何もないんですが・・。)

すでに周知の事実です。(笑)

20061225062039.jpg


栄光の思い出。
ニューヨーク・フィルの方々の
サイン、発見!

(確認してませんけど
たぶん、そうですよね・・?)

20061225062139.jpg


難曲に真剣に取り組む
ジャズバンド・メンバーたち、
子どもだけに限った話じゃ
ありませんが
何かに真剣に取り組む姿、
イケてます。

20061225062151.jpg


今から仕上がりがとても楽しみ。
目指せ!脱!「オペラ座の怪人」!(大爆)

*私の耳はフシミミです。
 暴言、お許し下さい。

20061225062202.jpg


今日から作品展、開催!
噂では超豪華な品揃えらしいです。
明日、家族で見にくるつもりなので
今日はガマン。

感動は明日までとっておきましょう。
Shibayama up




11月21日 中東からのお客様

中東視察団?(正式名称じゃないかも・・)
のみなさまのお越しです。
何でも教育関係の方々で日本の小学校を
見学なさりたいとか。

・・光栄です!
南山小、日本代表!(笑)

常々、全世界の方々に南山小の
素晴らしさをご覧いただきたいと
思っておりました。

アッ!もしかして中東の方々、
このブログ見てくださった?(爆)

・・あいてにとって不足はありません。
(意味不明)
どこもかしこもご覧いただきましょう。
なにしろ、子どもたちは素直でかしこくて
可愛い子ばかり。

校舎といわず校庭といわず
どこをとってもピカピカ!

(いつも主事さんがとってもきれいに
お手入れしてくださいます。
今は特に130周年ということで
念入りにピカピカ!)

まぶしいばかりです。

しかもありがたいことに
そこかしこ傷んでいる所とか
古い設備とかなおしたり、新しくしたり
区?とかでしてくださったみたい。

(あやふやでごめん。)

130年も経てばいろんな所、傷んできます。
・・しまった!
今の校舎は130年も経ってなかった。(笑)

(他にも図書とかいろいろ揃えてくれて
港区って良い区だなあ。)

あれ?小学校にお金出してくれる所ってどこかしら。
国?区?教育委員会?
どこでも似たようなものですね。(爆)
私はどこでも構いません。(大爆)

どこのどなたか存じませんが(爆)
心から感謝いたします。

日本の名誉を背負って南山小、
中東の方々を大歓迎!
見事な屋上庭園!
都心とは思えぬ南山の森の豊かな自然!
ピカピカの校舎!
子どもたちの個性豊かな素晴らしい展示の数々!

・・こうしてあらためてみると
ほんとに良い学校だなあ。(笑)

061121_1202~0001.jpg


家庭科室で歓迎のティーパーティー。
6年生、調理実習、兼、接待(笑)です。
エプロン姿で何かを一生懸命、作る6年生。
おいしくできるでしょうか。

20061217114554.jpg


優雅でお美しい中東の方々。
南山に雰囲気、ぴったり。(笑)

20061217114602.jpg


負けずに優雅でお美しい我らが校長先生。
とても楽しそうでいらっしゃいます。
素敵な笑顔は万国共通。
立派な公用語です。

20061217114610.jpg

20061217114628.jpg


こちらが今日のメニュー。
お好み焼きとホットケーキ。
・・なかなかいいくみあわせじゃないでしょうか?

伝統と定番の融合!(笑)


20061217114636.jpg


がんばって腕をふるう6年生たち。
たのもしいです。
最高学年。
何かと云うときには
いえ、何か!じゃなくても
とりあえず6年生に任せておけば
間違いありません!(笑)

じゃんじゃん、任せちゃいましょう!

20061217114644.jpg


お客様もとても楽しそうに
召し上がっていらっしゃいます。
日本の名誉は守られたんじゃ
ないでしょうか?

20061217114651.jpg


全校あげて一生懸命、大歓迎!
・・きっと気持ちはしっかり
お伝えできたと思います。

20061217114659.jpg

20061217114706.jpg


毎回、毎回、準備万端の家庭科。
とっても楽しくてかなり役に立つ
スグレモノ。
上の子の時、大分、きたえていただきました。

「楽しければそれで充分!」

て感じで実はそんなに期待してませんでしたが
(こらこら)
日常生活の即戦力。(笑)

「あら、授業にあるじゃない?
じゃ、やらせてみようかしら。」

ダメモトでやらせてみたら
あ~ら、不思議!
何でもできるようになってるじゃ
ありませんか。
おかげで私は大助かり。

(それが判明して以来、うちは
お手伝いの嵐です。)

お手伝いは大変、助かります。
助かりますけど、最初のてほどきが面倒で
つい、敬遠。(笑)

家で何も教えてないのに

(おいおい、しつけは?)

何でもできるようにしていただけて
家庭科には感謝感激。

(みなさんもどんどん、
お子様に手伝っていただきましょう!
家事が大幅、軽減されること請け合いです!)

ま、こつは

「今、勉強しようと思ってたのに!」

あるいは

「今、勉強してるのに!」

などという姑息な言い訳は
一蹴することかしら。(笑)

(・・期末だろーが模試だろーが
お手伝いの前には些細な問題。)

私の知ったことではありません。(爆)

20061217114715.jpg


全校あげての大歓迎。
とどめの一撃。(笑)
南山名物、アフタヌーン・コンサート!

20061217114727.jpg


日本の小学校の洗練された
文化をご堪能ください!

(こーゆー時、アフタヌーン・コンサート
があるととっても便利。)

アフタヌーン・コンサートをはじめて
本当に良かったです。
みなさん、校長先生に感謝しましょう。

*校長先生のご発案です。

私は最初、

「やるんなら止めません。
どうぞ、ご勝手に。」

て感じで
鼻にもひっかけませんでした。(爆)

(我ながら先見の明なし。)

20061217114727.jpg


あって良かったジャズバンド。
アフタヌーン・コンサートといえば
ジャズバンドの出番。
自慢の腕を存分にふるいます。

とっても喜んでいただけたみたい。
私と競うように(笑)
写真、とったり、ビデオ回したり
お忙しい中東の方々。

音楽は万国共通。
最後は温かな拍手も
しっかりいただけました!

20061217114752.jpg


はるばる中東からいらしてくださった
お客様。
お客様の目には南山小はどのように
うつられたことでしょう。

(とても感じの良い方々でした。)

バシバシ写真撮ってる私が
好感度、下げてないといいのですが。(爆)

それにしても毎度のことながら
校長先生のお辞儀の角度は完璧!
マナーのお手本!

20061217114803.jpg


私もいつも

「見習わなくっちゃ!」

と拝見する度に思うのですが
なぜかそーゆー時に限って
シャッターチャンス!(笑)

報道の自由のために時として
礼儀をも犠牲にせざるを得ない
苦しい立場。(爆)

厳しいわ。報道って。(妄想)

さようなら、中東のお客様。
どうぞ、お元気で。
Shibayama up










11月20日 全校朝会

朝。
玄関で先生方の謎の行動を発見。

20061215051822.jpg


朝会の準備?

・・全校朝会です!
何と今日は玄関で全校朝会、開催です。

20061215051833.jpg


続々、集まる子どもたち。
あいにくの雨。
校庭は使えません。
体育館も無理。
すでに作品展の準備に入ってます。

(もうそんな時期なのね!)

・・となれば必然的に場所は
玄関しかありません。

(広くてきれいな玄関があって
良かった!
良かった!)

20061215051843.jpg


玄関、満杯。
きつきつですが
何とか全員、詰め込めました。(笑)

20061215051854.jpg


玄関で全校朝会は
おそらくはじめて?ではないかしら?
・・少なくとも私ははじめて。
貴重な映像です。(笑)

20061215051904.jpg


ちょっと残念なお知らせ。
お友達が1人、転校、しちゃいます。
淋しいけれどずっとお友達。
また、遊びにきてください。

20061215051917.jpg


校長先生に助けていただきながら
お別れの挨拶をするお友達。
全員が温かな拍手で答えます。

20061215051927.jpg


「先生からのお話」その1. 

明日、中東からお客様がいらっしゃいます。

(何でもあちらの教育関係の方々とか?
日本の小学校をご覧になりたいそうです。)

「アッサラーム」

そこで先生があちらの国のご挨拶を
調べてくださいました。
残念ながら発音は先生にもおわかりになりません。
できるだけそれっぽく聞こえるように
みんなで練習です。(笑)

さあ、明日はしっかりみんなで
ご挨拶しましょう!

20061215051936.jpg


「先生からのお話」その2.

人を傷つける言葉について。
すみません。
ちょっとわすれちゃったんですけど
たしか

「うざい、むかつく、きもい。」

だったかしら?
子どもたちが
人に言われて嫌な言葉ベスト3です。
う~ん、たしかにどれもイヤですね。
あんまり、大人は使わない言葉。
なじみもないし言われたことも
あまりなく想像するのみ。
人になんて私はとても言えそうにありません。

今の子は日常的に使用するようですが
いい言葉ではありません。
みんな、使わないようにしましょう!

あと、もうひとつ。
先生が子どもたちからされて嫌なこと。
え?
何?何?(笑)

「先生、先生!・・。
あ、やっぱりいいです。何でもないです。」(大笑)

「途中でやめられると先生、
とても気になります。
何かあったのかなあ、と心配になります。
どうぞ、言いかけたことは最後まで
お話してください。」

先生じゃなくても気になります。(笑)
誰でも気になります。

これはイヤ!

おそらく深い理由はなく用件も
たいした事がないので
途中で

「やっぱりいいや!」

てことになるんでしょう。
でも言われた方は

「え?
何?何?
私、何かわるいことした?!」
状態に陥ること確実。(笑)

おもしろいなあ。
これって使えるかも。(爆)
子どもたちならまだ、可愛いですが
保護者がやったら、インパクト強!
先生方のハート、わしづかみにできそう。(大爆)

*良い子や良い大人は決して
マネしないでください。

みなさん、言いかけたことは
最後まで言いましょう。

20061215051946.jpg


全校朝会、終了。
教室に帰る子どもたち。
珍しい玄関での全校朝会。
何だか得した(笑)気分です。
Shibayama up



職場体験 その5.

 おいおい、まだ続くんですか?
・・て感じの職場体験。
まだ、続くんだから仕方ありませんね。
書きたいことは全部、書かせて
もらいます。(笑)

今回、長いなんてもんじゃなかったかしら。
一応、気を遣って「その5.」まで
分けてみました。

みなさん、ご安心ください!
「その5.」で終わりです。(笑)

それほど素晴らしかった職場体験。
ホント、こんな体験できる学校、
ほかにありませんから!
6年間、待たなくちゃなりませんけど
これ一つとっても立派に子どもを
入学させる価値、あります。(爆)

(他にもメリットはいっぱいだけど。)

今年は去年よりもさらにパワーアップ
よくわからないけど健気な子どもたちを
迎え撃つ(笑)お店の方々もグレードアップ
してたような・・。

(労働の質が向上してるとでもいうんでしょうか。
子どもたちをうまく使ってくださる、
働かせてくださっていました。)

管理職って大変ですね。
子どもたちの士気は抜群でしたが
それを生かすも殺すも上司の腕しだいって
感じで。(笑)

ホント、6年生を受け入れてくださった
すべての「職場」のみなさまにPTAは
足、向けて寝られません!

(しまった!
こんなに協力者の方々が多くては
四方を囲まれてます!)

働く、それも働いてお金をいただくって
やっぱり大変なことですね。

(子どもたちはあくまで「体験」ですが)

今は委員、役員の方々でも普通に
みなさん、お仕事してらっしゃる方々が
珍しくありません。
なので近頃では気にもしてませんでしたが
両立はやっぱり大変。

幸い私は専業PTA(爆)ですので
支障ありませんが2足のわらじの方は
本当に大変でしょうね。
(主婦業との両立だって大変。)

・・主婦業って真面目にやると
(こらこら)
きり、ないし。

現代人はとにかく多忙。
みなさん、お忙しい!
なのにみなさん、本当に
よくやってくださると思います。
もちろん可愛い我が子のためで
いらっしゃるのでしょうが
有り難いことです。
同じく足、向けて寝られません。

*申し訳ありません。
このままでは不眠症になってしまうので
足をどなたかには向けさせていただきます。(笑)

こんなに四方八方、敵(爆)に
囲まれては私、寝られません。

たとえ、どんなにお忙しくても
子どもたちのためにできない算段で
時間を割いてくださる保護者の方々。
スケジュールをやり繰りして
何とかお手伝いの時間を作ってくださる
保護者の方々。
そしてその事に何の不平ももらさずに

「とても楽しかったです。
ありがとうございました。」

とおっしゃってくださる保護者の方々。
そうしたたくさんの保護者に恵まれて
いる環境に心から感謝いたします。

お忙しい方々でも負担なく
楽しくできるPTA活動にしていきたいものです。

(気の持ちようで今のままでも
可能だと思います。)

一番の敵は

「失敗したら誰に何いわれるか
わからない!
(失敗したら転校、覚悟!)
(前例がないから)
こんなことできない!
(みんなやってるから)
私も死んでもやらなきゃ!」

という思いこみでしょうね。(爆)
以前は私もそう思ってましたが
今ではそんな気、毛頭、ありません。

だって、無理ですって、そんなの。
人間、できることしかできません。

(PTAで死んでどうする?!)

そんな風に思ってちゃ、せっかくの
楽しいPTAも地獄です。(大笑)

一生懸命に働く6年生の姿を見て
なぜかそんなことをしみじみ思ってしまいました。
6年生の姿にたくさんのことを
逆に教えられました。

(・・私もこんなこと(笑)ばかりしてないで
もっと世の中に貢献すべきではないのか、とか)(爆)

ありがとう!
6年生!

・・そして先生の情熱、ご指導、
子どもたちへの愛情。
これだけの準備をなさるご苦労は
並大抵のものではありません。

普段の授業だけでもうんざり。(笑)
これから、やれ卒業制作だ、卒業式だ、
謝恩会だと、メンドクサイ(大笑)ことが
山積みなのによくやってくださいました。

(あくまで私見です。
先生は「メンドクサイ!」などと
決して思ってらっしゃらないでしょう。)

あまたの困難を打ち破らせるもの、
おそらく愛情、子どもたちへの愛情で
いらっしゃるのでしょう。

(私には理解できませんが。)

「ホントによその子、可愛い?
ホントに可愛い?
何で?
何で、可愛いの?」

うちの子の大切なお友達であれば
別ですが、よその子なんてちっとも
可愛くありません。(大爆)

「何かご質問、ありますか。」

・・個人面談のたびにお聞きして
みたくなるのですが今だにこの質問は
ぶつけたことがありません。

(おそらく議論は平行線。
相互理解は無理ではなかろうかと・・)

こうした素晴らしい環境があってこそ
実現できた職場体験。
何より素晴らしいのは誰1人、
怠けることなく(笑)
本当に真剣に働く子どもたちの姿。
全員が一生懸命でした。

これもすべて地域の方々、先生方、
保護者の方々など、多くの方々が
日頃から協力して子どもたちを
温かく見守ってくださった賜です。

素晴らしい6年生。
素晴らしい子どもたちに拍手です。

・・同時にその後ろで子どもたちを
支えてくださったすべてのみなさんに
感謝の拍手です。

さて、私も子どもたちに負けてはいられません!
去年に比べて成長しました!

(どこが?)

写真の枚数!
のべ400枚以上!(笑)
今まで電池切れで撮影できず無念の
涙をのんだことはありますが
メモリが満杯になって断念したのは
今回が初めて!

(調子にのってパシャパシャやってたら
あっという間に400枚!)

だから最後の方の写真、全然、ないんですよねー。
六本木ヒルズで燃え尽きました。(笑)
今回のブログにアップした写真も相当な数じゃ
ないかと思います。
正確には数えていませんが100枚近く
いくんじゃないかしら。(爆)

そして最大の変化がこれ!

「今回、一円もお金、使ってません。
何もお買い物、してません。」

お腹、すいたからおそばは食べましたが
それだけ。
去年はもれなくお買い物したのに!
・・うちの子の学年じゃないとなると
とたんにこれです。
我ながら冷たい!
いやー、そんなものです。
世間なんて。(笑)

(ツァーガイドも結局、タダだったし。)

あらあら、成長と呼ぶのはちょっと
強引だったかしら。

・・とにかく素晴らしかった「職場体験」。
6年生、すべての関係者のみなさま、
お疲れ様でした。
Shibayama up






















































職場体験 その4.

 またまた自転車飛ばして
憧れの(笑)六本木ヒルズへ。
午後のガイドツアー。
とっても楽しみ。
・・普通に参加すれば1500円かかりますが
今回は(噂では)無料らしい!

やったあ~!

まあ、子どもたちのぶっつけ本番。
ちょっと料金設定できないかもね。

(いえ!私は有料でも参加の覚悟!)

かっこいいお部屋で美しい講師?の方のご説明。

(もはや完全におのぼりさん状態かしら。)

20061208160327.jpg


今回のツアーにご参加の地元民の方々。
・・何だか酉の市でお会いする面々によく似た
方々ばかりです。(笑)

20061208160347.jpg


いざ、憧れの六本木ヒルズに出発!
胸が高鳴ります。
何だか業界人ぽい(笑)イヤホンと機械を渡されます。

(首からさげて耳にイヤホンね。)

ナイスなコスプレ!
私も一揃い欲しい!
・・これさえつけとけばどこから見ても
プロって感じ。
広報の腕章よりずっといいわ!(爆)

20061208160418.jpg


子どもたちの装備なんてもっとかっこいい。
マイク、ついてます。

(う、うらやましい!)

リポーターみたい。
マイクで話すと私たちのイヤホンに
聞こえる仕組み。
これなら周りがうるさくても大丈夫!

20061208160445.jpg


講師の先生のご指導の元、
ガイドの説明がはじまります。

20061208160508.jpg


おおっ!
素晴らしい!
暗記です!
暗記ではありませんか!
アンチョコ、持ってません!

(ゴメン。死語かしら。)

膨大なセリフ。
これは一朝一夕にできるものでは
ないでしょう。
近くの保護者の方にお尋ねしてみると

「何か家で一生懸命、覚えてました。」

なるほど!
華やかな舞台裏はやっぱり地道な努力です。
6年生、えらい!
かしこい!

20061208160526.jpg


可愛いガイドさんたちと
おのぼりのみなさん。

(私たちのことです。)

六本木ヒルズのスタッフの方々が
一団となって颯爽と進みます。
もちろん先導するは
南山小の6年生たち!

「どこの芸能人?」
「どこのVIP?」

不思議そうに見守る周りの一般人の(笑)みなさん。
優越感にひたる私。(爆)

(すみません。
私、関係者なもので・・。)

・・スタッフの方達がまたプロっぽくて
かっこいいんです。

(プロっぽくじゃなくてプロですね。)

講師の先生方も優しくて親切できれいだし、
言うことありません。
子どもたち、幸せ!

午前中、子どもたちに

「研修ってどんなことしたの?」

と尋ねると

「ものの指し方とか習いました。」
「ふうん。」
(内心、???)

その謎の全貌が今、明らかに!

20061208160548.jpg


「みなさん、ごらんください。
あちらが東京タワーです。」

完璧です!
完璧なガイドぶり!
ちょっと照れくさそうな笑顔と
微妙に棒読みなセリフの絶妙な
コンビネーション!(笑)

一生懸命で素直で好感度100%アップ!

気のせいかいつも見慣れた
東京タワーも何だか新鮮な感じ。
・・東京タワーをなめちゃいけません。
何しろここは六本木ヒルズきっての
絶景ポイントなんですって。
もちろん私もベストショット!

20061208160601.jpg


どうです?
素晴らしい東京タワーでしょう?
そのほか見慣れてるけど
全然、知らない天井とか

(特に建築に興味、なかったしね・・。)

20061208160622.jpg


どうでもいいけど

「え?こんな所になぜこんなものが?」

って感じのバラとか。

(隅っこの方にあるので全然、
気づきませんでした。
ぜひ知らない方に教えてあげて
都会人ぶりましょう!)

20061208160638.jpg


見所満載!

でも何たって一番の見所はこれ!

20061208160711.jpg


子どもたちの決めポーズ!
指先までぴしっとまっすぐ!
カッコイイ!
ヒュー!ヒュー!(笑)

20061208160733.jpg


このビルは何だったかしら。
たしか森タワー?

20061208160754.jpg


これはクモよね。
何かもっと別の名前あったような
気もしますが
とにかくクモに間違いありません。
お腹のところに卵が入ってるんですって
母性の象徴?とかなんとか
言ってたかしら。
ごめん。
わすれました。(爆)

(ウマの耳に念仏状態。)

子どもたちのガイドは完璧です!
ちゃんと説明してくれてるし
私も一生懸命、聞いてたんですけど
全部、忘れました。(笑)

う~ん、ガイドって難しい。
私、ガイド、できないかも。

20061208160820.jpg


それにしても派手な一団!

「これ、職場体験です!
小学校の職場体験ですから!」

とか説明したら余計、
びっくりしちゃうでしょうね。

豪華な「職場体験」です。(笑)

撮影のために子どもたちの後ろ側から見てて
気づいたんですけど
講師の先生方、子どもたちの様子を
後ろの方からハラハラしながら
見守られていたんですね。

子どもたちがちょっと口ごもったり
ド忘れしたりすると
すかさず子どもたちにブロックサイン!(笑)

美しい師弟愛!

六本木ヒルズの華やかな方々も
子どもを思う気持ちは庶民と
一緒でいらっしゃるようです。(笑)
感激です!

20061208160837.jpg


代わる代わるガイドをつとめる子どもたち。
お世話に奔走される講師の先生方。

午前中、このまったく同じコースをまわって
6年生たち、午後に備えたそうです。
それなりに準備万端であったのでしょうが
ぶっつけ本番に違いありません。
それにしては
超上手!
超かっこいい!

やっぱり元々、優秀なんでしょうね。

20061208160900.jpg


どんどん、かっこよくなっていく
決めポーズ!
もう最初の頃の照れくささも
ありません。

20061208162219.jpg


他のガイドの出番のうちに
自分の分担をチェックしたり、
仲間同士打ち合わせしたり、
大分、余裕も出てきたようです。

20061208160944.jpg


「みなさん、あちらに見えます建物が
メトロハットです。」

20061208160923.jpg


若干少数派の方々はお行儀良く
メトロハットをご覧になってますが
大多数の関係者はメトロハットなど
見向きもしません。(笑)

なぜか盛大な取材合戦です。

私や保護者の方々がさかんに撮影に
せいを出すのはわかりますが
どうして六本木ヒルズのスタッフの
方達まで?

聞けば六本木ヒルズでも
こうした試みははじめて、とのこと。
でも大変、乗り気で前向きで
いらっしゃるご様子。
今後の展開に役立てるため、資料として
残されるそうです。

6年生の担任の先生の「ダメモト」精神から
はじまったこの企画。
やっぱり「ダメモト」って素晴らしい。
6年生の先生、さすがです!
やりました!
南山小!

ニューヨーク・フィルに続いて
六本木ヒルズの歴史も
塗り替えました!(爆)

*過去ログ参照。

「この学校っていいよね。
いろいろなこと、体験できて
いい学校だよね。」

「すごいよね。
こんな学校、他にないよね。」

我が子の晴れ姿にご満悦の保護者の方々。
内輪の「学校自慢」で盛り上がります。
何て美しい光景でしょう。

フツー、テレビのドラマなんかだと
PTAは集まれば
学校の批判に血道をあげるのが
お約束なのに。(爆)
しかも、この教育批判の
吹き荒れているこの時期!

幸運な環境に感謝しましょう。

ガイドツアーもどんどん佳境に入ります。

(佳境?ガイドツアーの佳境って何?)

驚きの展開!
見よ!

20061208161012.jpg


出たあ~っ!
歩きながら!
歩きながらのガイドです!

今まではポイント、ポイントでとまって
説明する固定式のガイド。
後半はスタイリッシュに
歩きながらのガイドです!

(よくリポーターなんかがやってます。)

「この建物は左側と右側で
建築家が違います。
お気づきになりましたでしょうか。」

いや、そんなことはどうでもいい!(笑)

20061208161030.jpg


この歩きながらのガイドが
超かっこいいの!何の!
このシャッターチャンスをものにしないで
どうする!って感じでいっせいに
動きだす取材陣!

20061208161056.jpg


何しろターゲット(笑)は歩いてますから
ベストショットのためには
少しでも前方にいなきゃなりません。
すかさずダッシュをかけるスタッフの
カメラマンの方。
負けじとつづく私。
そしてビデオカメラ、回しながら
併走なさる6年生の担任の先生!(笑)

20061208161111.jpg


いや、もうどこのスターさんか、
女優さんかっていう、取材の嵐!
この間のケーブルテレビの取材で
校長先生ですら実現できなかった

「歩きながらリポート」(笑)!

(私はぜひやってくださいと
おすすめしたんですが。)

6年生が六本木ヒルズで夢を
かなえました!

子どもたちのガイドは上の方
ばかりではありません。
足下の説明もあります。

「みなさん、足下の床をご覧ください。」

20061208161131.jpg


これです。
これ。
何だか忘れました。
たぶん、通風口?か何か。

20061208161146.jpg


手をかざすとスースーします。
素直に手をかざし、

「ほんとだわ!」

と感嘆するとっても素直な保護者の方々。
南山小は平和です。

20061208161204.jpg


舞台はふたたび外へ。
のんびりエスカレーターに乗っていて
突如、気づきます。

20061208161231.jpg


「しまった!
エスカレーターなんかにのってる
場合じゃなかったわ!」

横の階段をスタスタ下りていかれる
6年生の先生、スタッフの方々。
完全に出遅れました。
そう、

「常にターゲットの前方に!」

これが報道を志す者のモットーです!(妄想)

20061208161245.jpg


やったあ~!
6年生の先生に勝ちました!(笑)

(ただ、ちょっと前にいる、って
だけですが・・。)

ささやかな勝利に酔う私。(大笑)

20061208161310.jpg


さらにスタッフの方も追い越します!
完全勝利!(爆)
もはや、子どもたちの説明など
耳に入りません!(嘘)

(ちゃんと聞いてます。
それにしても6年生、
ホントに立派なガイドぶりです。)

20061208161342.jpg


「あちらのビルが居住スペースで
A棟、B棟、C棟、D棟となっています。」

憧れの(笑)ヒルズ族のお住まいね!
記念に写真、撮らなくっちゃ!

20061208161400.jpg


ふたたび、けやき坂を超かっこいい

「歩きながらリポート」

でツァーは進行します。
取材合戦も加熱!(笑)

20061208161428.jpg


・・先を争ってバシバシ、写真、撮ったり
カメラ回したり。
周りからはたぶん、

「どっかの有名人をとりまく
報道陣の群れ」

としか見えなかったんじゃないかしら。(笑)

(誤解は誤解のままで美しく・・。)

ズラリと並ぶ超一流有名ブランド店。
あら、私の行きつけのヴィトンもあるわ。(見栄)

でも店先をよく待ち合わせの
場所として使わせていただいてるのはホント。

(目立つんだも~ん。)

このあたりのお店にはまったく縁がありません。
ヒルズ開設当初にちょっとひやかしに
きただけ。
正直、あまり興味ないんで。

(すっぱいぶどう)

私の愛用バッグは「十番商店街バッグ」です。(爆)
A4サイズもすっぽり入るし、
(これ、重要!)
丈夫で軽い!
地元民てことも何気にアピールできるし(妄想)
とっても重宝しています。

「天下の麻布十番商店街」と
「憧れの六本木ヒルズ」!

この二つをお膝元にかかえるなんて
本当に夢のような立地条件。
南山の地の利。
すごい!
すごすぎます!

20061208161522.jpg


「こちらをごらんください。
これが何かおわかりになりますでしょうか。」

何かくねくねした物体です。
内心、これの良さはさっぱり
わかりませんがここは知性派(笑)としては
知ったかぶりせねば!

(開設当初、「ガイドブック」とか
買ってしまったので一応、知ってたりする。)

「六本木ヒルズにはたくさんの所に
こうした芸術家の作品が街の一部として
置かれています。」

芸術ってわからないわ!(笑)
わからないけどきっと、
素晴らしい価値があるのよね?

(美術館とかいくのは好きですが
近代以降には絶対、手を出しません。)

だって、どこが良いのか、わからないから。(大笑)

(いいんです。
私は古典止まりで。)

ただ、こうした「奇妙な物体」があると
「なんじゃらほい?」とか
思って、いろいろ想像しますよね。

(もしかしてそれが存在意義?!)

「こ、これは何の目的があってここに・・?」
「場所的にはベンチ?」(笑)
「触ったり、座ったりしていいものなのだろうか?」

実際、最初の頃、子どもに

「ねえ、あれ何?」
「座っていい?」
「遊んでいい?」
「のぼっていい?」

と聞かれ返答につまったものです。

(今でもよくわかりません。
・・このオブジェじゃありませんが
他のでテキトーに「いいわよ!」
といってしまった作品。
後で「のぼらないでください。」と
注意書き、出てました。)

うちのせいかしら。(爆)
あまりにも登りたくなるデザインだったので。

おや?また、芸術作品でしょうか?

20061208161544.jpg


違います。

(たぶん、作品だといわれたら
それはそれで信じちゃったかも。)

車止め?
ブレーキとか壊れた自転車用の
緊急避難場所かしら。
・・想像すると怖すぎです。(爆)

20061208161610.jpg


車いすやベビーカーのための場所です。
そんなに急ではなくとも坂は坂。
こうした弱者への配慮、心にくいです。

(私も自分がベビーカー、押して
歩く立場になるまで普通に暮らす
街が立場によってこんなに不便な場所になるなんて
想像もできませんでした。)

20061208162132.jpg


「みなさん、こちらをご覧ください。
こちらは何とかです。」

20061208162146.jpg


「みなさん、あちらをご覧下さい。
あちらは何とかです。」

ごめん。
一生懸命、聞いてたんですけど。
何しろ、膨大な情報量。
覚えてません。(笑)

6年生たち、よく覚えられましたね。
感心。
感心。

20061208162326.jpg


ガイドツァーは六本木ヒルズのメッカ。
アリーナへとやってきます。

(昔、ジャズバンドも出演しました!
なつかしいなあ。)

*過去ログ参照。

20061208162343.jpg


「こちらがアリーナです。」

・・舞台装置の説明とかしてくれた
ような気がするんですが
まったく覚えてません。

20061208162359.jpg


「こちらがテレビ朝日です。」

・・いろいろ説明してくれたんですが
(以下同文)

20061208162415.jpg


「こちらが毛利庭園です。」

(以下同文)

*どうしても知りたい方は
「六本木ヒルズガイドツァー」に
参加しましょう。

20061208162445.jpg


時のたつのは早いもの。
正味1時間ほど。
あっという間に過ぎてしまいました。
自分の子もいないというのに(笑)
正直、こんなに楽しめるとは思っても
みませんでした。
こんなに楽しくてよかったのかしら。(大笑)

・・ある意味、正規のツァーより良かったんじゃ
ないかと思います。
時々、セリフにつまったり、
何かを必死で思い出そうとする子ども
たちの様子の可愛いこと!

後ろでこっそりブロックサインをおくる
スタッフの方々。

もう、スリル満点!

「どうぞ子どもたちが立派に
つとめを果たしますように!」

その場の全員で祈りながらツァー、
してるんですから。
こんなガイドツァー、ほかじゃのぞめません。

ツァー終了。

「今日はどうもありがとうございました。」

子どもたちの挨拶。

みんな、よくやった!
カメラ、持ってるのでできませんが
(おいおい)
心の中ではこの場にいらっしゃる
みなさんと一緒に盛大な拍手です。

20061208162516.jpg


最後はもちろんみんなでポーズ!

(今日、一日でもう「ものの指し方」のプロ!
黄金の右腕、左腕を見よ!)

お約束の記念写真です。
カメラが多すぎてどこを見たらいいのか
わからない6年生たち!(笑)

お疲れ様でした。
今日はゆっくり休んでください。

・・・「その5」につづく
Shibayama up




職場体験 その3.

「フラワーショップまつやま」さま。
朝は楽しそうに遊んで・・いえ、働いて
いましたがその後、どうなったでしょう?
のぞいてみましょう。

(風邪ひいてないといいのですが。
足下びしょびしょだったし。)

20061208055243.jpg


うわお!
(おんなじかい!)

20061208055233.jpg


いえ、いえ、大丈夫です。
私に気づくまでは(笑)ちゃんと真面目に働いてました。

正確には私のカメラに気づくまでは、です。
カメラを向けられると
おどけずにいられない悲しい人間のさが!(笑)

「私が撮りたいのはヤラセじゃない。
ドキュメンタリーなのよ。
自然にして!
自然に働いて!」

私の説得も空しく宙に響くばかり。(大笑)

20061208055251.jpg


ひとえにキャラクターです。
キャラクター。
何て無邪気で可愛い6年生!
ある意味、これこそ真のドキュメンタリーと
いえるかもしれません。(意味不明)

「さっきから先生やお母さん達が
入れ替わり見にくるけどお前達、
学校ではそんないつも見張ってなきゃ
ならないようなワル(笑)なのか?」

20061208062215.jpg


オー、マイガッ!(笑)

とんでもありません!
立派な子どもたちです。
南山の誇る最高学年です!

私が何度も来てるのはあくまで取材です!
信じてください。
申し訳ありません、みなさん!
私のためにこんな誤解を!

・・ふと見れば子どもたち、乾いた運動靴を
履いてます。
こ、これはブルーフェアリーさん・・?!

*ブルーフェアリーさん・・こっそり子どもたちのために運動靴など
       差し入れなさる愛情深い保護者の方々の別名。

お店のご主人の軽いジョークです。
みなさん、どうぞ、ご心配なく。(笑)

20061201094520.jpg


元気でない?花びらをむしって
お花を元気にする?作業です。
子どもたち熱心に一生懸命、
働いてます。

お花屋さんて優雅できれいな
イメージだけどお仕事って結構、大変!
・・写真からはその大変さがまったく(笑)
伝わってきませんが大変です。

力仕事とかも多いし、子どもたちは嬉々として
やってましたが水まきや水やりも
冬場は寒いし冷たくて厳しい仕事。

こ~んなにたくさんのお花を常に売れる
状態に美しく管理するなんて考える
だけでうんざり!(爆)

*私は植物にも愛情のないダメな大人です。

綺麗な花束とかもらったりすれば
そりゃあ、嬉しいですが
自分で花束作るなんてごめんです。

(センスないし。)

そんな大変なお仕事をこんなに
楽しそうにやってるんだから
考えてみれば偉い子どもたちです。

とにかく子どもたち。
ハイパワーでハイテンション。
やる気、満々です!

(子どもたちのエネルギーって
すごいんだよ~ん。)

「フラワーショップまつやま」さまの
ご苦労がしのばれます。(笑)

でもお店の方々、6年生をとても
可愛がってくださっているようです。
6年生、のびのび働かせていただいています。

何といってもとにかく明るくて
楽しそう!
この明るさ、このパワーは将来、社会に出てからも
必ずや強い武器となることでしょう。(笑)

あっ!再び6年生の先生に遭遇!
労働者(笑)を引き連れていらっしゃいます。
「紀文堂」さまです。
可愛い女の子二人、めでたく「紀文堂」さまに
ご就職です。

20061208061019.jpg


「老舗」ってな~んか、かっこいいですよね。
文学でいうなら古典。
宝飾品でいうならヴィクトリアン。
ビーズでいうならアンティーク。
Gパンでいうならヴィンテージってとこかしら。(超テキトー)

(ヴィンテージってそんなに
古くないんでしたっけ。)

どこがどう違うのか実は
よくわからなかったりしますが
何かオーラが出てるってゆーか・・。
そんな老舗で修行させていただけるなんて
南山の6年生たち、幸せです!

(これも地元の利!)

いかに優秀な南山の誇る6年生といえど
子どもには違い有りません。
6年生はとても役にたちます。
立ちますけど、新人は大人だって
フツー使い物になりません。

仕事とはそんなに甘いものではないのです!

(ゴメン。
専業PTAがえらそうに。)

20061208061031.jpg


子どもたちにやらせてもらえる、
できる仕事はそんなに複雑なものではありません。
メインは何といっても単純作業。

そんなにワクワク、胸、踊らされる
ような仕事ではありません。
イマドキの子だったら

「え~っ!つまんな~い!」

とか

「もっと、面白い仕事ないの?」

とかドラマだったら必ず言い出すのですが

(テレビの見過ぎ。)

現実の南山の子どもたちはとっても良い子。
一生懸命、働きます。

お目々、キラキラです。

20061201094650.jpg


商品の袋詰め作業です。
ひとつひとつていねいに重さを
量ります。

「ちょっと重いから1枚とろう。」

「少し軽いみたい1枚足してみよう。」

真剣そのもの。

おそらく何十グラムの世界。
少しくらい重かろうが軽かろうが
見た目にはまったくわからないでしょう。
それでも、手を抜くことはありません。
延々と作業を続けます。

校長先生のお言葉が思い出されます。

「一生懸命やることは楽しい!
一生懸命やることは面白い!ってことを
子どもたちに伝えたいんです。」

20061201094700.jpg


そうです。

勉強だってスポーツだって楽器だって
何だって楽して上達はしません。
毎日の予習、復習、こつこつとした
練習の積み重ね。

決して楽しいことばかりではありません。
仕事だってそんな面白いことばっかりな
わけはないのです。

でもひとつひとつを一生懸命、真剣に
こなす喜び。
そうした地道な努力のさきにある喜び。

何より、その

「一生懸命やった!」

という実感。
そこにこそ最上の喜びがある、
そんな価値観を子どもたちに伝えたいです。

20061201094709.jpg


6年生たち、ちゃんとわかっているようじゃ
ありませんか。
立派です。

20061201094719.jpg


二人で協力して真剣に
楽しそうに働いています。
さすが南山の6年生。
どこに出しても恥ずかしくありません。
立派に南山の看板を背負ってます。

20061201094728.jpg


6年間の

(まだ、5年と7ヶ月だった。)

教育の成果が爆発です。
えらい!

20061201094738.jpg


・・そういえばPTAの仕事だってそう。
本部だ、実行委員会だってえらそうに(笑)
いったってそんなかっこいい仕事が
あるわけじゃないし。

ボランティアだから当たり前かもしれないけど
単純作業の連続だし。(笑)

かっこつけて

「ちょっと学校に仕事しに・・。」

とか言いますけど

(語尾をぼかすのがポイント。)

実情は

「家にFAXがないからちょっと借りよう!」

とか

「コピー10枚。」

とか

「電動の裁断機、便利だから使おう!」

とかだったりします。(大笑)

*神かけて決して私用には使っておりませんので
ご安心ください。

20061201094749.jpg


でもそんな仕事でも
(いえいえ、すべて大切なお仕事です!)
一生懸命にやれば人間、楽しいものなのです。

・・子どもたちのように

「こんなに成長しました!」

と言えないのが辛いところですが。(爆)

20061201094758.jpg


単純作業を一生懸命、こなす6年生たち。

「今、自分にできること。」

にあせらずていねいに取り組みます。

(しかも楽しそうにやってるところがすごい!)

脱帽です。

お次は「月島家」さま。

商店街の中心にあり小さいお店ながら
抜群の存在感。
華やかなロケーションで目立ちまくりです。
去年は女の子3人組がオン・ステージ!で
目立ちまくってくれましたが
今年はどうでしょう?
ショー・タイムが楽しみです。

20061201094502.jpg


ショーの開始はまだのようです。
すし詰めの店内。
何かを包装したり何かをセット?したり
といったような作業に従事しています。

20061208055052.jpg


やはり単純作業。
でも3人で力をあわせてとても
いきいきと楽しそうです。

20061208055103.jpg


そう、写真ではちょっとわかりにくいのですが
ちゃんと3人、います。
アングル的に3人一緒にレンズにおさめることが
できません。

(一応、必死で手をのばして撮ってるのですが。)

構図的にとても誉められた写真じゃありませんが
子どもたちの真剣さは充分、お伝えできると思います。

20061208055200.jpg


いよいよショー・タイム!
職場体験名物!「月島家」さまの
呼び込みがはじまります!

がんばれ!6年生!
おのれを捨てるんだ!(笑)

(私はとてもできません。)

20061201094809.jpg


さすがに恥ずかしそう。
無理もありません。
いきなり、ですから。
声も小さくて態度も自信なさげ。
3人で小さく固まっています。

世間は冷たいもの。
道行く人々も「?」のまなざしは
一瞬、投げかけるものの
あっという間に通り過ぎてしまいます。

20061208055212.jpg


徐々に慣れるにつれ声が大きくなります。
背筋がピンとしてきます。
ひきつりながらも(笑)笑顔がもどってきます。

CMでしか見たことありませんが
映画の「ハチミツとクローバー」の宣伝文句。

「人が恋に落ちる瞬間を見てしまった・・!」

「ハチクロ」風にいうなら私は

「人がおのれの壁を越える瞬間を見てしまった・・!」

笑顔で声をはりあげる6年生たち。

「いらっしゃい!いらっしゃい!」
「おいしい今川焼きです!」
「とってもおいしいですよ!」
「おいしいおにぎりもあります!」

一度、思い切ってやってしまうと
あとは楽みたい。
どうやらふっきれたようです。

20061201094841.jpg


もはや3人で小さく固まることもありません。
彼らなりに真剣に「より効果的な呼び込み」
を考えます。

「ちょっと言い方変えてみようか。」

「あっちとこっちでよびかけしてみたら
いいんじゃない。」

素晴らしい販売戦略です。

20061208055223.jpg


「いらっしゃいませ!月島家です!」

道行く方々も6年生の呼び込みに
目を細めていらっしゃいます。

「まあ、可愛い!」
「えらいわねえ!」
「がんばって!」

感心してくださる方々は後をたちませんが
なかなか実際にお金を使って下さる方はいません。
商品を買ってくださる方はごく少数です。

何で?
どうして?
シンジラレナイ!

こんなに可愛いのに!
こんなに健気なのに!
日本の景気は本当に回復したのでしょうか?!
(まあ、私も短時間しか都合で
見ていませんが。)

商売って厳しいのね。

(経営のことはまったくわかりません。)

6年生たちが販売に貢献できたかどうかは
さだかではありません。

ですが子どもたちの真剣さ、
努力は掛け値無しに本物です。

「こういう子どもたちに尊敬される大人に
なるなんて私には無理かも・・。」

とか考えちゃいました。(笑)

20061208055315.jpg


道行く人々にあきらめることなく
呼び込みを続ける子どもたち。
その姿に感動しました。

心から拍手を送りたいです。

午後からは6年生、
接客の予定の「たぬき煎餅」さま。
どんな様子でしょう。

20061201094510.jpg


ちょうど休憩タイム!
ラッキーにも禁断の3階に上がり込むことに
成功しました!
スクープです!(妄想)

楽しいお弁当の後はいよいよ
お店に立ちます!

20061208055335.jpg


まあ、何てたくさんの子どもたち!

(5人も!)

さすが「たぬき煎餅」さま、苦労は買ってでもしろ!
ですね。

(このセリフ去年も言ったなあ。)

困難に果敢に挑戦なさるすすんでなさるその精神。
老舗の心意気を見ました!

敬服いたします。

「伝統とは革新の連続である。」

去年の6年生たちを感動させたあの言葉は
伊達ではありません!
常にチャレンジャーであられる姿勢に敬服いたします。

20061201094851.jpg


明るい店内。
可愛らしい子どもたちが華をそえます。
あいにく私のいる間はお客さまゼロ。

(「たぬき煎餅」さまが流行っていないわけでは
ありません。
私が取材の都合でほんの短いじかんしか
滞在できなかったためです。)

接客してるところ見たかったなあ。
残念無念。

20061201094928.jpg


鮮やかな手さばきでおせんべいを焼かれる
元PTA会長、・・もといお店のご主人。

(ふ~!危ないところだった!
危うく個人情報をもらすところだったわ!)

20061208055431.jpg


横で美しい奥様が同じくらい鮮やかな
てさばきでお手伝いされていました。
まさしく絵に描いたような夫唱婦随!
夫婦円満!
どおりでこのおうちのお子様方は

(大勢、いらっしゃいます。)

みんな良いお子様の筈です!

(たぶん。
1人しかよく存じ上げませんが。
みんなお顔はよく似てるし。)

20061208055444.jpg


たまにおせんべい焼かせてもらったり
おせんべい食べさせてもらったり
VIP待遇の6年生。

「ほんとに良く働いてくれて助かります。」

さすが商売人!お口がお上手!(笑)

(一生懸命働く姿に感動!
ってことは
あるでしょうが助けになるはず
ないじゃ~ん!)

でもお客様がいなくて
暇な時間も無駄口たたいたり、
ふざけたりせず、いつも臨戦態勢(笑)で
いる様子は立派!

(店員さんがふざけたり、おしゃべりで
盛り上がっている様子って、お客の
立場からすると感じ悪いですもんね。)

まったく買い物もしない分際で
えらそうなこと、言えた義理じゃありませんが。(爆)

お客さんはいなくても子どもたち、
真剣です。
一生懸命です。
・・朝からとばしているので
疲れてるんじゃないかと思いますが
がんばってます。
接客は老舗の顔!
その重大な業務を任せてもらっているのです。
あなたたちならできます!
がんばってください。

(ちょっとしか取材できなくてすみません。)

・・「その4」につづく。
Shibayama up








11月17日 職場体験 その2.

しまった!
六本木ヒルズにうっとりしてる(田舎者!)
場合じゃありません!
早くしないと「更科堀井」様の開店に
まにあいません!

光栄にも6年生に暖簾を出させて
くださるんです。
・・去年はそんなこと知らないから
その栄光の瞬間(笑)を撮りそこなっちゃったのよねー。

このままでは間に合わない!
自転車をとばす私。

20061130170103.jpg


間に合った~っ!
(ギリギリセーフ。)

でもベストショットは撮れなくて
ちょっぴりヤラセ。

「○○くん、そっちの端、まがってるんじゃない?
早く直して、直して!」

大嘘ついて健気な6年生をだまくらかす私。
素直に曲がってもいない端を
直そうとする6年生。

OK。
ベストショット!
モデルさん、ご苦労さまでした。(笑)

さあ、これからがいよいよ佳境。
開店ということはお客様がやってきます。
お客様がたくさん、たーくさん、
やってきます。

お客様と子どもたちの安全(笑)を守れるか?!
お客様と子どもたちの平和(笑)を守れるか?!

老舗の名にかけて
今、
子どもたちとお店の方々の死闘(笑)
がはじまります。

勝つのは子どもたちか?!
お店の方々か?!(意味不明)

ゴ~ング!

20061130170114.jpg


出たあ~っ!
マン・ツー・マン・ディフェンス!
なつかしのマン・ツー・マン・ディフェンスです!
磨き抜かれた華麗なステップ!
蝶のように舞い、蜂のように刺す
お店の方々!(笑)


20061130170124.jpg


伝家の宝刀、
マン・ツー・マン・ディフェンスが
店内炸裂!(笑)

20061130170132.jpg


吹き荒れる
マン・ツー・マン・ディフェンスの嵐!(大笑)

さすがはディフェンディング・チャンピオン、
「更科堀井」さま!
鮮やかなマン・ツー・マン・ディフェンス
健在です!

あっぱれ!
あっぱれ!

いやあ、のんびり取材してるの
気がひけちゃうなあ。
子どもたちに働いてもらうのって
こんなに大変なのね。

まさに決死の攻防!
子どもたち、
お店の方々、一歩も譲りません!

少しでもお役に立とうと
健気にがんばる6年生。
子どもだから小さくて小回りがきくし、
結構、素早い。
子どもだけに微妙に行動が読めないので

(いきなりくるっと方向転換しちゃったり)

プロのダンサー並の複雑なステップを
要求されるお店の方々。(笑)

戦場!
まさしく店内は戦場です!(爆)

・・去年は一応、遠慮してもっとも
混んでるお昼時の時間帯は
取材をご遠慮しました。
今年はあえてもっとも混んでるお昼時に
突撃レポート!

行列とかよくできてるし、
大変だろうなあ、とは思ってましたが
ほんとにお昼時は大変。
予想を超える忙しさです。

・・よく子どもたちを引き受ける気に
なってくださったものです。
私だったら前の晩、うなされそう。(笑)

(そもそもお引き受けしません。)

こんなに忙しいのですから、
お店の方だって「猫の手も借りたい」
心境でしょう。
猫よりましか?!

*よそのお子様に暴言、お許しください。

でも猫はほっとけるけど
子どもたちは面倒みなくちゃなりません。(爆)

20061201094541.jpg


必死に働く子どもたち。
お店の方の邪魔にならないよう、
少しでもお役に立てるよう、
自分たちにできることを
懸命にさがします。

20061201094550.jpg


だんだん、要領をつかめて
きたみたい。
お店の方々もマン・ツー・マン・ディフェンス
の手を若干、ゆるめます。

・・どこか奥にでも閉じこめちゃえば(爆)
お店の方もどんなに気楽なことでしょう。
忙しい中、こんなに働かせていただけて
子どもたち、幸せです。

20061201094601.jpg


6年生同士、声をかけあって
協力しあい、後片付けしたり、
テーブルセッティングしたり、
なかなか見事な連携プレイも
できるようになりました。

20061201094610.jpg


微笑ましい光景を温かく見守る
お客様たち。

教えられたとおり、お客様には
笑顔で対する子どもたち。
一生懸命で真剣そのものの
表情が瞬間、笑顔に早変わり。

20061201094620.jpg


なにしろ必死!
全力投球です。
万全の営業スマイルをつくる
余裕はありません。

「いらっしゃいませ。」

ひきつった笑顔がまた、可愛いです。(笑)

20061201094628.jpg


いや、立派です。
6年生たち!
よくやってます!
こんな大変な所、私なんかとても
務まりません。

(私のもっとも苦手な分野って気がする。)

そもそも雇ってもらえないでしょうけどね。(笑)

(子どもより役に立たなかったりして。)

20061201094638.jpg


だって、ここ、ホントに
大変なんだもん。
ホントに戦場なんだもん。

ああ、働くってこんなに大変なことなのね。
(しみじみ)
私は専業PTAで良かったわ。(爆)

6年生たち、えらい!
さすが南山をしょって立つ最高学年!
すっかり立派になっちゃって。
たった一日の職場体験なのに
すっごく成長したなあって感じ。
何か追い抜かされちゃった気分です。(笑)

「やっぱりここにはお客で来るのが
一番だわ!」

すみません。
私は成長できませんでした。(爆)

・・「その3.」につづく。
shibayama up








11月17日 職場体験 その1.

これを書かずして何とする。
これのためにこそブログは存在する!(笑)

・・といっても過言ではない職場体験!

(私の書いたブログのうちじゃ
一番、反響はあったのよね・・。)

コメントにお返事すら書かない分際で
反響も何もあったもんじゃありませんけど。(爆)

お待たせしました。
みなさん。
やっとこの日にたどりつきました。

燦然と輝く「職場体験」!
ブログ最高峰!の頂です!(意味不明)
このところの南山小ってほんとにすごいなあ。
いいことばっかり。

幸せすぎてこわい。(大笑)

可愛くて賢くて素直で元気な子どもたち。
熱心で情熱あふれる素晴らしい先生方。
温かに見守ってくださる地域の方々。
・・そして熱心なPTA!(笑)

これだけ揃えば必然的結果かしら。(自惚れ)

20061130165701.jpg


と、いうわけで今年もやってきました
職場体験!
今年はながいぞ~っ!
去年の比ではありません。
なにしろ去年はこんなに素晴らしい企画だと
思ってませんでした。
いえ、
「すごい!」
とは準備段階から思ってましたが
実際は予想を超える素晴らしさ。
取材体制も完璧とはいえず、
計画もずさんで満足のいく取材とは
言えませんでした。

(書きたいことは思い切り
書かせていただきましたが・・。)

今年はその点、用意バッチリ!
体はひとつなのですべてを網羅することは
できませんが
おいしいとこどりはできそう。(笑)

今年も先陣をきるは「たぬき煎餅」様。
歴史、伝統、名門、老舗。
・・そののれんを守りきれるか?!
6年生?!

(神様!
営業妨害してませんように!)

20061130165712.jpg


「とってもよくやってくれて大助かりです。」

お店の奥様。
まあ、嘘がお上手!(笑)
去年もそんなこといってたけど
その手は喰いません。
いかに優秀な6年生とはいえ
おいそれとお役に立てるはずがないのです。

(・・実際、大人だって新人は
役に立たないもの。
修行期間がなくっちゃね!)

20061130165737.jpg


でも一生懸命、働いてるのはホント。
真剣そのもの。
・・そんなにとばしてると
最後、へろへろになっちゃうわよ!
・・と声をかけたくなっちゃいます。
早くもちょっと感動。

ああ、子どもの一生懸命な姿って
どうしてこう、胸を打つのでしょう。
お祭りとか、式典とかPTAのみなさんが
一生懸命、働いてくださるお姿には
もちろん、感動しますが
インパクトな比べものにならないです。(ゴメン)


本当に一生懸命!

「午前中は上で箱詰め作業。
午後はお店で接客してもらいます。」

労働メニューも豊富!
「たぬき煎餅」様もかってしったる職場体験て
感じで、子どもたちにいろいろな経験を
味わわせるべく心を砕いてくださいます。

「去年よりよくやってくれてるかも。」

何~っ!
まあ、去年の6年生は別格よ!
最高よ!
決闘だ!表へ出ろ!(大嘘)

*去年の6年生は「うちの子」の学年オーラ
に包まれているので冷静に判断できないのです。
あしからず。

でもたしかに言えてるかも。(笑)

去年の子たちもしっかり
働いてましたけど、
何といっても同級生のおうち!
緊張感は今年の方が上みたい。

20061130165744.jpg


本邦、初公開!
「たぬき煎餅」さまのエレベーター!
お店の奥にあります。
別にだからどうってこともないですけれど。

(普段、入れないお店の裏とか入れて
もらえるとそれだけでちょっと嬉しい。)

そろそろ次のお店へまいりましょう。
お花屋さんです。
「まつやま」様。

20061130165756.jpg


何やら忙しげに働いています。
何をしてるんでしょう?
目的はよくわかりませんが

「働くぞ!」

という強い意欲がひしひしと
伝わってきます。
やる気満々です!

20061130165822.jpg


水やりです。
お店の商品のみならず
その辺一帯の樹木にまで
一生懸命、水やりしてます。

20061130165835.jpg


何だかとっても楽しそう!
遊んでるんでしょうか?
働いてるんでしょうか?(笑)

(もちろん、働いてます。)

20061130165926.jpg


「通行人の人たちに
水、かけるんじゃないぞ~っ!」

お店のご主人のもっともなアドバイス。
なぜか、すでに足下、びしょびしょの
子どもたち。
様子を見にいらした保護者の方に

「はきかえの靴、持ってきて!」

とこっそりお願い。(大笑)
今度は濡らさないようにしましょう。(笑)

20061130165940.jpg


水やりというより水まき状態。
お店の前を中心に道路、びしょびしょ。
お花屋さんてこんなに水まき
しなきゃいけないんでしょうか?

きっとこれも仕事です!
仕事ですとも!

そう信じることにきめた私。(笑)

可愛いお花屋さんたち、
がんばってください。

20061130165954.jpg


「更科堀井」様。
去年はうちの子が大変、お世話になりました。
今年はどんなラインナップでしょう。

去年は

「うちの子がどんなご迷惑を・・?!」

と気が気じゃありませんでしたけど
今年はよその子なのでとっても気楽。(笑)
去年は小さくなっておずおずお邪魔させて
いただきましたけど、
なぜか今年は堂々とお邪魔します。

(人間、慣れっておそろしい。)

20061130170005.jpg


おおっ!
真面目に働いてます!
そのために来てるんだから
当たり前と言えば当たり前。
なのに驚いてしまう私。(笑)

幼稚園の時から知ってる子とかも
いたりするので

「何て立派におなりになって!」

と涙腺ウルウル。

(私はドライアイ。
涙は目薬で代用。)

20061130170014.jpg


このごろとみにしっかりしてきて
式典でも大活躍の6年生。
委員会活動やら何やら
すごく立派にこなしているのは
見慣れてますけど
やはり学校内と外では全然、別物。

顔つきがまったく違います。

「自分にできること。
いいつけられたこと。」

を「今、やれること」を、
「一生懸命にやる」姿勢。
健気です。
凛々しいです。

(私もみならわなくっちゃ!)

「ほんとに素直でいい子たちだよね。」

お店のご主人。

(今、教育の荒廃だとかいろいろ
叫ばれてて「学校」は大変らしいけど。)

「この子たち見てるとどこの世界の
話かと思っちゃうよね。
うちの学校は良い学校で良かったよね。
ほんとに素直でよい子たちだよね。」

まあ、いけません!会長!

(おっと、いけない!
あやうく身元をばらしてしまうところでした!)

会長・・もとい社長!(笑)
いくらほんとのこととはいえ
あまり自慢しすぎて世の反感を
買っては大変です。

セーブしましょう!
セーブ!

・・とはいえ、いい学校です。
いい子たちです。
真実だからしかたないですね。(笑)
真実を報道するのがブログの義務!(大笑)

20061130170024.jpg


子どもたちを働かせて(笑)
悠々自適、左うちわの社長さま。(嘘)
余裕でパソコン。
おそらく私のブログをお読みくださって
いらっしゃるのでしょう。(妄想)

20061130170035.jpg


今日は何度もお顔を合わせることになる
6年生の先生、登場!
今日の日のために子どもたちのために
一生懸命、準備されてきました。

(就職先の手配から、挨拶回り、
指導、と大忙しでいらっしゃいます。)

南山の先生方はみなさん、本当に一生懸命!
子どもたちのために一生懸命、
やってくださいます。

(だから南山の子どもたちも
一生懸命で素直なのかしら。)

いくら「仕事」とはいえ「よその子」の
ためによくぞそこまで。
私にはまったく理解できませんが
有り難いことです。(爆)

(自分の子にしか、愛情、ありません。)

20061130170053.jpg<

やったあ~!
「六本木ヒルズ」に潜入成功!
今回の職場体験。
何とあの!「六本木ヒルズ」も
「職場」のひとつに入っているのです!

すごい!

いかにお膝元とはいえ
想像もしてませんでした。
何か強力なつてでもあったのかと
思いきや、

「何にもありません。
ダメモトでお願いしてみたら
OKとれちゃったんです。」

さすが、先生!
チャレンジャーです!
目のつけどころが違います。

(そーゆー「ダメモト精神」大好き。)

子どもたちにもぜひその精神を
たたきこんでください!(笑)

20061130170043.jpg


そんなわけで「関係者のふり」(笑)
をよそおい私も潜入成功。

(「ダメモト」でお願いしたら
見学させていただけました。)

まあ、素敵なお部屋!
(机とかも何かおしゃれっぽい。)
まあ、素敵な講師の方!

なかなか見ることのできない
六本木ヒルズの「裏」(笑)の世界。
気分はすっかりおのぼりさん。
地元民のプライドは捨て去ります。(笑)

子どもたち、ただいま「研修中」。
大人の研修とまったく同じ研修を
受けさせてもらっているそうです。
何と「ガイドツァー」の研修です!

(午後からほんとにガイド、
させてもらえるんですって!)

早速、申し込む私。(笑)
・・定員オーバーしちゃ悪いと思って
今まで申込を控えてきましたが
もう、ガマンできません。
その「ガイドツァー」
絶対、見たい!

午後も見所満載、わくわくです!

・・「その2」につづく
Shibayama up


















11月13日 全校朝会

朝の先生の優しいお出迎え。
時刻がちょっと遅いので今は
子どもたちの姿なし。

(今、来たら遅刻かも。)

20061201115911.jpg


すがすがしい秋晴れ。
みんなでいっせいにさわやかに

「おはようございます!」

理想的、一週間の始まりです。

20061201115920.jpg


超優秀な南山小の子どもたち。
今日も今日とて表彰ラッシュ。
表彰の嵐です。(笑)

さあ、今日の表彰の立役者は?!

20061201115931.jpg


6年生です!
6年生がこんなにたくさん!

あの素晴らしい「夏休みの自由研究」が
正当な評価を受けました!

(エヘン!
だから私がブログでさんざん
言ったでしょ?)

さすが、私!(爆)
素晴らしい先見の明です!

*7日の栄光の表彰式の模様は
保護者の方がすでにブログにアップ
してくださっています。

「グループ優秀賞」
「個人優秀賞」
「学校賞」

軒並み総なめ!
完全に南山小の独走態勢。
いや、めでたい!めでたい!

惜しくも「最優秀賞」は
逃しましたが、それも
ご愛敬というもの。
あまり南山ばかりで独占しては
かえって盛り上がらないというもの。

(他の学校にも残しておいて
あげなきゃね。テヘ)

中でも嬉しいのが「学校賞」!

こんなにたくさん素晴らしい
「自由研究」を提出したのですから
当然といえば当然すぎる結果。

でも、やっぱり超うれしい。(笑)

よくやった!
6年生!
君たちは南山の誇りだ!(笑)

ご指導くださった先生、
素晴らしい研究環境を整えて
くださった保護者の方、
何より素晴らしい研究者、6年生のみんな!

まことにおめでとうございます。
Shibayama up









11月10日 麻布 芋煮とふれあい交流会

 去年は今の4年生が
お邪魔して「まんじゅうこわい」の
劇をご披露しました。

今年も3年生がお邪魔します。
うちのすぐご近所。
麻布福祉会館です。
先回りして3年生の到着待ち

20061201113850.jpg


アッ!来ました!
3年生、登場!

20061201113903.jpg


さあ、みんな存分に
芋煮とふれあってください。(笑)

20061201113933.jpg


とっても良いお天気。
暑いくらいの日差しです。
麻布保育園のお友達も
遊びに来ています。

(可愛い歌と踊りを
披露してくれました。)

思ったよりずっと人が集まってます。
あっという間に空席がなくなります。
芋煮、大人気!

20061201113953.jpg


アツアツの芋煮がとっても美味しそう。

「早く食べたい!」

宮村朝会、名物「芋煮」。
おいしいです。
私も楽しみです。

20061201114020.jpg


おまちかねの芋煮にかぶりつく
子どもたち!
瞬く間に器がカラになります。

「おかわり!」

3年生、給食が食べられなくなっちゃうぞ!(笑)

20061201114035.jpg


美味しい芋煮を堪能したあとは
この日のために準備した
歌と演奏をご披露します。

20061201114049.jpg


観客のみなさんの温かなまなざし。
拍手喝采!
みなさん、とても喜んでくださいました。

(南山フェスティバルなどで
おなじみの方のお姿が多いです。
その節はみなさん、お手伝い
ありがとうございました。)

20061201114108.jpg


ごちそうさまでした!
食べるもの食べて
やることやって
意気揚々とひきあげる3年生たち。

給食もがんばって食べてください。(笑)
Shibayama up








プロフィール

南山小PTA

Author:南山小PTA
更新は会員の皆様の協力で行っています。写真について削除を希望の会員の方は御一報下さい。nanzanptahonbu@gmail.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。