FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酉の市

わかっちゃいるけど
やめられない酉の市。
(意味不明)
・・いつも大体、顔、合わせるメンバー、
同じだし、特に何買うって
わけでもなかったりするんですが。(笑)

20061130162932.jpg


でも行くと何か楽しいんですよねー。

「ええ?また、行くの?
こないだ行ったでしょ!」

とか子どもに言いつつ自分も
いそいそ出かけちゃったりして・・。(笑)

「今日は酉の市だったから
お夕飯作れなかったわ!」

*地元の一員として、或いは治安維持のために(妄想)
出動(笑)の必要があることをとうとうと家族に力説。

案外、この言い訳で通っちゃったりして。

(おかずに揚げたてコロッケとか
買ってけばオッケー!)

20061130162923.jpg


あっ!

「治安維持」のために働くPTA発見!

白銀のオーラを放つその方の正体は
いわずとしれた某PTA会長!

(イチオー。匿名。)

素晴らしい。
配布されて間もない「腕章」をしっかりと
装備しておられます。
ひきかえ、「腕章」のことなど
すっかりアウト・オブ・眼中だったこの私。
とっさに言い訳を考えます。

「すいません!
私、すっかり素肌につけるんだ
とばかり思って!」

(セーターの下に着用していると
苦しい言い訳。)

・・おかしいなあ。
どうして信じていただけないんでしょう。(笑)

*「腕章」・・全家庭に配布済み。
「防犯パトロール」用。
水曜日を中心にPTA会員のみなさんに
着用してくださるよう、役員、委員が
みづから率先垂範で全PTA会員に奨励。
(詳細は校外より配布済みのお手紙をお読み下さい。)

*ここだけの話ですが
白銀のオーラの正体は某PTA会長が
片手にもたれた缶ビールです。
「腕章」とはミスマッチなので
秘匿するよう打合せしました。
オフレコでお願いします。

・・機密事項も死守できました。

(これですっきり、さっぱり。)

みなさん、防犯パトロールの「腕章」、
よろしくお願いいたします。
(自分のことは棚上げ。)

Shibayama up










スポンサーサイト

11月10日 児童集会

 ジャズバンド朝錬。
スノッブな大人は

(すみません。
私だけです。)

130周年だのニューヨーク・フィル
だのの余波で浮かれがち。
足下も定まりませんが(笑)
ひきかえ、子どもたちのしっかりしていること!

20061130133919.jpg


真剣に練習します。
それでこそ南山ジャズバンド!

20061130133930.jpg


今日はお楽しみの子ども集会。
毎回、毎回、ユニークな企画爆発!

20061130134008.jpg


ま、まぶしい!
南山の誇る精鋭6年生軍団。
オーラで輝いてます!

(逆光でソフトフォーカスみたい。)

20061130134019.jpg


集会委員の姿からも後光が!(笑)

20061130134029.jpg


やはりちょっと見にくいので
撮影場所チェンジ。
抜けるように青い空。
気持ちの良い朝です。

全校生徒全員で大きな輪になります。
ボールを3つくらい?みんなで
まわします。
集会委員の合図でストップ!
最後にボールを持っていた人が
罰ゲーム決定!

20061130134040.jpg


ストップ!
驚き悔しがる罰ゲームの子たち。
罰ゲームは

「動物の真似。」

ここで先生登場!
全然、罰ゲームの必要はないのですが
突如、集会委員より「お手本」の
ご指名です。(笑)

20061130134051.jpg


さすが先生。
突然のことでしたでしょうに
まったく動じません。
さあ、「演技」?開始!

20061130134101.jpg


ぱっ!

20061130134112.jpg


お~ん!

「ぞうさん」です!
素晴らしい「ぞうさん」の真似!
先生の「ぞうさん」に子どもたち大ウケ。

ゲーム再開。
再びストップ。
次の罰ゲームは?

お手本の先生、登場。

20061130134134.jpg


ポンポコ!

20061130134146.jpg


ポン!

「タヌキ」です!
これまた素晴らしい先生の「タヌキ」!

20061130134157.jpg


罰ゲームの子も負けずに
可愛らしい「タヌキ」を披露。(笑)

20061130134208.jpg


盛り上がるゲーム。
いつ誰の上に罰ゲームが降ってきても
不思議じゃありません。

次の罰ゲームは?!

20061130134218.jpg


4年生の先生だ~っ!(笑)
先生、粛々として登場です。
おまちかね、
自由演技、開始。

20061130134228.jpg


にゃお~ん!

「ねこちゃん」です!
何と可愛らしい「ねこちゃん」!

・・しかし男の先生の場合、
この「ブリッコ」はちょっと禁じ手か?!(爆)

*暴言、お許しください。

20061130134239.jpg


ふたたびゲームは佳境に!

20061130134249.jpg


3年生の先生、ダンディに登場!

20061130134300.jpg


ツッ!

20061130134310.jpg


ピ~ン!

「イルカ」です!
「イルカ」!
先生の素晴らしい跳躍力を
画像でお伝えできず大変、残念です。(笑)

20061130134322.jpg


罰ゲームの子どもたち。
大喜びでイルカに大変身。
中には恥ずかしくってできない子も
いますが決して無理強いはしません。

(優しく6年生のお兄さん、お姉さんが
見守ります。)

大丈夫!

南山小でちょっときたえれば
そのうち平気でできるようになれます!

(全校生徒の前で発表したりする機会が
多いので舞台度胸がつくんです。)

20061130134333.jpg


そういえば昔、

(あら、ちょっと前だったかしら。
ホホホ。)

中学の先生が

「人間、我を忘れてバカになれる
ことも大切だ。」

とおっしゃってました。

(ま、こーゆー風にはじけるって
意味かと思います。)

学校の先生ってフツーの大人じゃ
とてもできないような
真似を(失礼)とっさに
しなくちゃいけないんですよね。

(子どもたちに普通にお話しする
様子だって格段に表情豊かだし。)

とても私にはあんな恥ずかしい真似
できません。(爆)

(ま、今日の「動物の物真似」くらい
たいした部類じゃないんだと
思いますが。)

みなさん、決して誤解のないように。
私は賞賛してるんです!
先生方の勇気に敬服してるんです!

20061130134344.jpg


2学期に入って集会委員もしっかり
板についてきた様子。
特に6年生、立派な司会ぶり。
進行ぶりです。

特に今日なんか「お手本」の先生を
指名する「間」とか
「お題」の出し方とか絶妙なタイミング
だったと思います。

(司会進行次第で雰囲気って
ガラっとかわるんですよね。)

先生方、集会委員のみなさん、
ありがとうございました。
Shibayama up







11月9日 港区ワークショップ第2回

この二日間というもの、
ニューヨーク・フィルづくし!
すっかり自分の教養が深くなったような
錯覚に陥ります。(笑)

いえ、そんな浮かれている場合ではありません。

痛恨の事態発覚!
私としたことが一大スクープを
逃しました・・!
ブログ、はじまって以来の不祥事です。(妄想)

何と「4年生ワークショップ」の後!
「木星アフタヌーン・コンサート」の前!

ランチルームでニューヨーク・フィルの方々。
みづからたってのお申し出で
5.6年生のためにミニ・コンサートを
ひらいてくださいました!

何たる光栄!
何たる感激!

きのう、5.6年生と給食を共にされ
その時の5.6年生の態度に
とても感銘をうけられたそうです。

(いえ、やはり南山の給食が
あまりにおいしかったからかも・・!)

「一生懸命、英語で話しかけてくれる
日本の可愛い子どもたち!」

「せっかく仲良くなれたこの子どもたちの
ために何かできることをしたい!」

ニューヨーク・フィルの方々の
真摯なお気持ち。

・・となればもう演奏しかありません。

急遽、ランチルームでミニ・コンサート。
すでに用意してあった5.6年生の教室から
給食をランチルームに運び、あらためて
並びなおしての感動のひとときだったそうです。

いいなあ!

いえ、喜んでる場合じゃないわ!
絶好の取材チャンスをみすみす逃すなんて!

・・問題のその時刻、私が何を
していたかといえば・・。

あまりきれいでない(笑)体育館2階の
PTA会議室で「セイフー」で買ってきた
「明太子おにぎり」などを
本部役員の保護者の方、2名とご一緒に
食べていたのでありました・・。(涙)

(アフタヌーン・コンサート前に
チャッチャとすましちゃおうと思って!)

一体、なぜ、こんな事態に!
私の情報源様は何をなさっていたのかしら?!
私のニュースソース様はどうなさってたの?!

(・・なぜか敬語です。
「学年だより」じゃありません。
情報提供者の身元は各諜報機関に
身柄を狙われるといけないので明かせません。)

「いやあ、やっぱり知らなかったよねえ。」

「本当に急に決まったんです。
もう、給食も並べてあったのに、それを
急いでランチルームに並べ直して・・。」

「まあ、そんないいんです。
しかたないですから。」

と笑顔で応対しつつなぜか先生方の
後ろ姿に非難のまなざしをおくる私。(爆)

(小心者なので背中にしかおくれません。)

・・ましてや校長先生と副校長先生の
お背中だなんて口が裂けても
言えません!(大爆)

*申し訳ありません。
「情報源云々」の戯言は
すべて私の妄想です。

南山小の5.6年生、本当に幸せ。

(それもこれも、みんなの態度が
素晴らしかったからよね!)

過ぎたことを悔やんでも
仕方がありません。
さあ、気を取り直して
港区ワークショップです。

今日は楽器だけではありません。
美しい歌声を聞かせてくださる
素敵な歌手の方も加わって
昨日以上に豪華絢爛!

(華麗な歌声に子どもたち、
大喜び!)

20061130121245.jpg


一つのメロディを班ごとに
子どもたちでアレンジ!
思い思い楽器を手にします。

20061130121255.jpg


こーゆー時、
ジャズバンド・メンバーの子は
さりげなく自然に
トロンボーンだのトランペットだの
サックスだのが

「手持ちの楽器」

だったりするので
関係者としては非常な優越感を
覚えます。(笑)

20061130121312.jpg


う~ん!
いいんじゃないんでしょうか?!
なかなかに素晴らしいアレンジ。
こ、これはまた、スカウトされちゃうかも?!(笑)

20061130121348.jpg


それではみんなで揃って
発表会!
まず、順番を決めて
それから演奏会です。
まだ、下準備の段階ですが
期待で胸がわくわく。
ちょっとラヴェルのボレロを
彷彿とさせる作りかも?!

20061130121402.jpg


演奏、スタート!
どの班もユニークなアレンジ。
同じ物はひとつとしてありません。

「そう、それでいいんだ!
ひとつひとつが君たちの
かけがえのない音楽なんだよ!」

(英語はわかりませんが
そんな感じでした。)

してやったり、ご満悦の講師の先生方。(笑)
子どもたちの演奏にとても
感心してくださいました。

特にパワーに任せて
メチャクチャに弾くアレンジは大受け。

「え?それって音楽?」

とか一瞬、思っちゃったけど
よく聞いてみると意外に予定調和。(笑)
かっこよかったりします。

(ちょっとロック調ね!)

アレンジの独創性が何より勝負。
子どもたちって本当に個性豊か。
でもこの個性を

「変だ!」
「ふざけてる!」
「おかしい!」

と決めつけないためには
実は知性と教養、何より自信が必要なんだなあと
感じるワークショップでした。

別に権威ってことじゃありません。

(子どもたちに肩書きは通用しません。)

まあ、子どもたちほど無邪気でない
大人には重要なファクターですが。(笑)

20061130121413.jpg


人から何といわれようと気にしない!
人からどう思われようと気にしない!

自分勝手、エゴ、我が儘というのではなく

「自分がいいと思ったことはいい、と言える。」
「自分がやりたと思ったことはやりたい、と言える。」
「自分自身を表現できる。」

そんな人間を大人、子どもを問わず
目指したいものです。

(よっぽど自信がなきゃ無理よねー。)

常に「知性派」の仮面をかぶることを
義務づけられている私にはとても無理です。(妄想)

(基本的に私は
「自分のやりたいこと」
しかやらなかったりはするんですが。)

ま、そんな自慢できるもんじゃない、
「エゴ」に近いかな。(笑)
でも私は子どものころ、こんな素敵な
ワークショップを受けた事がありません!

(ニューヨーク・フィル・ハーモニーの方々、
この2日間、本当にありがとうございました。)

子どもたちの未来に
希望を託しましょう!
Shibayama up
















11月9日 ニューヨーク・フィルをお迎えしてのアフタヌーン・コンサート 全校演奏「木星」

 「ニューヨーク・フィルをお迎えしての
アフタヌーン・コンサート」

いや、良い響きじゃありませんか。(笑)
何度、聞いても新鮮です。
しかも

「全校演奏「木星」」

ときた日には鬼に金棒、PTAにブログ(笑)、
130周年記念品に電波時計、
「祝う会」に「おそば」ってところ。(大笑)

(そんなことわざ、ないし。)

・・ゲームでいうなら
「演奏中、無敵状態!」ってところかしら。

余談ですが130周年記念品の電波時計。

「あれは電波時計じゃない!」

って思ってる方が何人かいらっしゃるようですが
あれは電波時計です。(笑)
じつは私も

「これ電波時計じゃないじゃん!
だまされた!(爆)」

・・と思ってましたが(大爆)
この間の実行委員会で疑惑(笑)が
晴れました。
そもそも電波時計ってどんなのかよく
知らなくて。
電池さえいれればあとは時刻設定から
何からなにまで「電波」様がやってくださる
のかと思ってました。(笑)

(最初の時刻設定だけは手動で
やらなきゃいけないんですって。)

後は「電波」様にお任せでいいとか。
ご不明な点は自力でお調べください。(爆)

もひとつ余談ですが「130周年を祝う会」で
だされていたおそば。

(とてもおいしかったです。)

あれって某PTA会長

(*個人情報保護のため身元は明かせません。)

の自腹、おごりだったんですってね。
「祝う会」の相談の席上でたしかに「タダ」みたいな
話がでてましたが、てっきり冗談だと
思ってました。

(いやあ、さすが某PTA会長、太っ腹!)

良いお話なのにプライヴァシー保護のため
匿名にせざるを得ずとても残念です。
ごちそうさまでした。

(私が「冗談」だと思ってるだけで
他の関係者の方々にもこーゆー気前のいい話が
埋もれてる可能性あり。)

話はもどって「無敵状態」の南山小。
いつもならアフタヌーン・コンサートは
玄関で行います。
今日はさすがに「全校」なのでちょっと無理。
舞台は体育館に!

本日の貴重な一枚。

20061124091718.jpg


後ろが我が校の誇る子どもオーケストラ。
(勝手に命名。)

手前が世界に冠たるニューヨーク・フィルの方々。
貴重も貴重なこの一枚。
何せ写真はこれ一枚しか撮ってません。

・・一生に一度あるかないかの
このビッグチャンス。
撮影は撮影でもビデオ撮影に命、
賭けちゃいました。(爆)

かろうじて報道の誇りに
かけて撮ったこの一枚、貴重です!(大爆)

まず、ニューヨーク・フィルの方々の演奏。
うっとりです。
この二日間で子どもたちともすっかり仲良し。
ここから拝見できるのは後ろ姿
だけですが楽しんで演奏してらっしゃる様子が
よく伝わってきます。

(南山の子どもたちのことをとても
気に入ってくださったそうです。)

「素直」
「元気」
「可愛い」
「一生懸命」
「賢い」
「明るい」
「演奏が上手!」
「しかも英語で話しかけてくれる!」(笑)

南山の子どもたち、「世界標準」から見ても
かなりのハイレベルのようです。
さすが私の目に狂いはありません!

(いえ、私の目は節穴ですけど
今回は自信アリ。)

ニューヨーク・フィルの方々の
演奏を目を皿のようにしてくいいるように
見つめる子どもたち。
世界の超一流。
肩書きの価値はわからなくとも

「すごい!」
「本物!」

ってことはひしひしわかるみたい。
1年生から6年生まで
体の大きさはずいぶん違いますが
申し合わせたようにお目々をまん丸くして
夢中になっている様子が超ラブリー!(笑)

ニューヨーク・フィルの方たちならずとも
好きになっちゃいそう!(大笑)

さあ、お次は子どもオーケストラの出番です。
こういう時、萎縮しないのが
南山の子どもたちのすごい所。
どころかもう、

「弾きたくてウズウズ!」

って感じ。(笑)
やる気満々です。

「音楽は楽しい!」
「演奏は楽しい!」
「演奏したい!」

何て素晴らしい子どもたち。
世界中のみなさん、ご覧ください。(爆)

満を持してはじまる「木星」。
いやあ、130周年の式典があって
本当に良かったなあ。
式典自体が大変、素晴らしいので
参加できて光栄ってのも
あります。
何よりこの

「1年生から6年生まで全員で力を
合わせる演奏」

がいい!
式典でもなければ実現しないことです。

「木星」サイコー!

そういう時期にたまたま巡り合わせた
ニューヨーク・フィルの方々、
ラッキー!(笑)

(あら、逆だったかしら。
お聴かせできる南山がラッキーなのよね。)

のりにのる演奏。
ニューヨーク・フィルの方々も大喜び。

・・となぜかいいところで

「ストップ!」

え?
どうして?
何が起こったの?!

・・すごい!
何とニューヨーク・フィルの方々が
「共演」です!!
みづから共演をお申し出くださいました!

すっご~い!!!

まったく期待してなかったといえば嘘に
なりますが、頼めた義理でもありません。

(給食、おごってさしあげる
だけですからね。)

感激のあまり撮影する手も震えがち!

(こんなこともあろーかと三脚、用意したので
別にかまいません。)

しかもごく自然に

(こちらからお願いしたわけでもないのに)

子どもたちの列に、子どもたちの隣に
入ってくださいました。
子どもたち大喜び!

「こっち!」
「こっち!」
「こっち来てください!」

何という美しい光景。
世界平和の象徴のようです。
ぜひ国連とか偉い方々に見ていただきたい。
(意味不明)

すっごく単純、短絡的、発想ですが
世界中の人たちがこんな風に
コミュニケーションできたら
あっという間にこの世から戦争なんて
なくなるのに、と思ってしまいます。
(甘くて結構!)

子どもたち、すごい!

この子達はきっと私よりはずっと
まし・・いえ、立派な大人に
なってくれるんじゃないかと思います。
私の分まで世界平和に貢献してください。(笑)

そして「木星」。
南山小の子どもたちと
ニューヨーク・フィルの方々との
夢の共演。
ほんの何名か加わっただけなのに
その威力のすさまじさ。(笑)

全然、別の演奏です。
もしかしてこれが「本物の木星」?!(爆)

「うまい!」「すごい!」
・・とういうより「うれしい!」

何というかもう、そうした評価など
どうでもいいって感じ。

音楽の美しさを存分に味わいましょう。
この奇跡の一瞬、一瞬を大切にしましょう。

今、この場所の一員としていられることを
心から感謝します。

演奏後、ニューヨーク・フィルの方々、

「とても楽しかったです。
良い思い出にします。
こういう機会を与えてくださって
感謝します。
ありがとうございました。」

(英語なんで自信ないけど
こんな感じじゃないかしら。)

とおっしゃってくださいました。
記念に「木星」の楽譜をニューヨークに
持ち帰りどこかに?飾ってくださるそうです。

「あなたたちはアーティストです。
みなさん、立派なアーティストです。
私はみなさんを尊敬します。」

子どもたちに贈ってくださった言葉。

(たぶん、こんな感じだったと思います。)

感激のあまり、涙をこぼされる音楽の先生!
おめでとうございます。
先生の日頃の献身、ご努力を思えば
当然の結果かと思います。
ありがとうございました。

(これからもよろしくお願いします。)

ニューヨークの小学校って音楽の授業が
ないんですって。

(え?
何で?びっくり!)

なぜかはもちろん知りませんが
それでニューヨーク・フィルの方々。
こうした活動で子どもたちに
「音楽の楽しさ、素晴らしさを」
伝えていらっしゃるそうです。

なるほど!

でもアメリカ以外の学校でこうしたことを
するのは
何と、南山小がはじめて!
記念すべき「第一号」です!

ニューヨーク・フィルの歴史に残ります!(爆)

さすが南山小!
ニューヨーク・フィルの歴史を
塗り替えました!(大爆)

何と光栄なことでしょう。
素晴らしい栄誉!

ところで
ニューヨーク・フィル・ハーモニーの方々。
南山の給食はいかがでしたでしょうか?

(給食主事さんが心をこめて
作ってくださっています。
南山の給食はおいしいから大丈夫!)

宝物のようなひととき。

本当に、本当に、本当に
ありがとうございました。

南山も負けずに140周年といわず
200周年、300周年まで(笑)
この栄誉を後世に語り継いでいきましょう。
(ちょっと遠大。)
Shibayama up























































































11月9日 4年生ワークショップ(第2回)

 さあ、おまちかねの第2回。
4年生、宿題はできたでしょうか?

20061123074025.jpg


もちろん作曲!作曲です。
絵でも線でも言葉でも
もちろん、音符でもOK!
誰でも超簡単に作曲家になれちゃいます。

・・思い返せば作曲なんて
一度もしたことないような・・?
音楽の授業で一回くらいしたかしら?
思い出せない!
一生の思い出に私も作曲しちゃおうかしら。(笑)

「発表したい人!」

次々に名曲!が披露されます。
お友達の傑作に4年生、拍手喝采!

20061123074036.jpg


恐れ多くもニューヨーク・フィルの
先生に一丁前に自分の曲の解釈(笑)を
説明します。

(すごい!)

「明るい感じです。
後半になるとだんだん早く。」

20061123074046.jpg


「あっ、そこは
元気に遊んでる感じでお願いします。」

「走ってるみたいな感じに
したいです。」

気分はすでにマエストロ!(笑)

「こんな感じで大丈夫?」

と、子どもたちにお伺いを立てる
ニューヨーク・フィルの先生方。
真剣に子どもたちの解釈をお聞きになります。
解釈がすむと早速、曲の発表会。

どんな曲も素晴らしい名曲に
早変わりです。

20061123074058.jpg


もちろん、全員の曲を
演奏してくださいます。
超ナマイキにも演奏してほしい
楽器を選べるんです。

(いいなあ!)

「ビオラにしようかなあ。」
「バイオリンもいいよね。」
「やっぱ、コントラバス!」

ああ、何て優雅な会話。
超贅沢!
このばちあたり!(爆)

20061123074110.jpg


先生方、本当にどの曲もどの曲も
手を抜くことなく丁寧に
演奏してくださいます。
作曲家の子どもの目を見つめ

(もちろん解釈を尊重して!)

笑顔でこ~んな至近距離で演奏!

ホント、いいなあ!
うらやましい!

20061123074121.jpg


すごい。
すごすぎる。

20061123074130.jpg


こんな超一流の方々の生演奏を
こんな間近で拝見できるだけでも
卒倒物なのに!

20061123074142.jpg


まして自分の曲!
自分の曲です!
時間はそんなに長くはありませんが
完全に自分ひとりのための演奏!
究極のプライベート・コンサート!

20061123074152.jpg


ちょっとみんな、わかってる?
そこのところ、よくわかってる?!
あまりのありがたさに
昨日と同じく子どもたちの
背中をどついてやりたくなる私。(爆)

20061123074203.jpg


今日のワークはかなりハイレベル!
子どもたちの作曲、どれも
素晴らしい物ばかりでしたが
中には本当に素晴らしい物も
ありました。
(ちょっと文章に矛盾。)

「グレート!」

ニューヨーク・フィルの方々。
もちろんどの子の作品もベタボメ。(笑)

(ま、先生方の手にかかれば、
どの曲もモーツァルトか、ベートーベンか、
ってレベルにグレードアップ!)

何人かの子の作品は
先生方抜きでも立派に曲として
とおる高度なもの。

「素晴らしい。
あなたはアーティストです。
来週、私たちと一緒に
ニューヨークに行きましょう!」

(英語なんでよくわからないけど
こんなことおっしゃってました。)

おおっと!
夢にまで見たドラマ的展開!
神童発見です!
スカウト!
スカウトです!
南山小4年1組からニューヨーク・フィル・
ハーモニーのメンバーが
誕生しました!(笑)

「いくらなんでもいきなり
団員はちょっと無理よね。」
「そうだわ!
特待生とか奨学金とかで
ジュリアード音楽院に入れましょうよ!」
「そうねジュリアードなら
間違いないし。」
「ところでジュリアードってニューヨーク?」

夢、ふくらむ保護者たち。
でも残念、せっかくのスカウトですが
4年生、

「ピアノの発表会があるので行けません。」

お断りしちゃいました。(笑)
残念!

2日間にわたる4年生のためのワークショップ。
本当に貴重な経験。
楽しくて楽しくてあっという間に
終わってしまいました。
全員の曲をすべて演奏しおえる
までチャイムがなった後、時間オーバー
してまで子どもたちに
つきあってくださる先生方。

本当にひとりひとりの曲と丁寧に
真剣に向き合って演奏してくださいました。

「ただの子ども。
それも大勢の中のひとり。」

としてではなくひとり、ひとり、
きちんと名前を呼んで
かけがえのないたった1人の存在として
扱ってくださいました。
ひとりひとりの曲、その曲の解釈を
最大限、尊重してくださいました。
子どもたちひとりひとりと向きあう
一瞬、一瞬を大切にしてくださいました。

「あなたの解釈はとても
素晴らしい。」

「あなたがどう思うかはとても大切だ。」

「あなたがどうしたいかはとても重要だ。」

「あなたはとても素晴らしい。」

私は英語は苦手ですが
お話だけじゃない、先生方のご様子、
表情、子どもたちとの接し方から
確実にこのようなメッセージが
読み取れます。

子どもたちにとっては
本当に貴重な経験です。

「音楽を楽しむ。
音楽を愛する。」

自然な心を子どもたちに伝えて
くださったことに、まず感謝いたします。
それにもまして
子どもたちひとり、ひとりを
大切にしてくださる姿勢に感動です。
ニューヨーク・フィルの方々、
本当にありがとうございました。

「子どもの権利」
とか
「子どもの人権」の尊重とか
文字にするといかめしいですが
究極、芯にある精神はこういうことなのかな、
と思います。

今回、このワークを開催するために
たくさんの方々がご協力してくださった
のではないかと思います。

(私は取材だけです。テヘ。)

具体的にどういう方々がどういうふうに
努力してくださったかはよく知りません。

(そもそもは「副校長先生の顔」です。)

不特定多数(笑)の方々、心からお礼申し上げます。

そして今回、通訳を買って出てくださった
英会話に堪能な保護者の方、
ありがとうございます。
通訳の保護者の方の存在なくしては
今回のワーク、おそらく倍以上の手間が
かかったことでしょう。(笑)

(ジャズバンドでいつも大活躍の
保護者の方です。
今や、ジャズバンドの大黒柱的存在で
いらっしゃいます。)

ミュージック・アドバイザリー・スタッフの
称号をさしあげたいくらい。(爆)

みなさん、本当にありがとうございます。
Shibayama up































































11月8日 ニューヨーク・フィル 港区ワークショップ

 とても優しいニューヨーク・フィルの方々。
恩恵は南山小のみにとどまらず、
港区全域に拡大。

20061123064430.jpg


南山小体育館。
場所は南山ですが港区の小学生なら

(たしか5年生までだったっけ?
年齢制限あったような。
テキトーでゴメン。)

誰でも申し込めます。
申し込めますが
・・ぱっと見渡したところ
圧倒的に南山の子がいっぱい。(笑)
地元の利ですね。

講師の先生が演奏するメロディから
イメージを広げます。

「この曲を聴くとどんな気分になる?」

「この曲を聴くとどんな絵が頭に浮かぶ?」

20061123064450.jpg


いくつかの班にわかれ
自由に発想を競う子どもたち。
最初はちょっと緊張気味でしたが

20061123064441.jpg


あっという間にお茶の間状態。(笑)

(子どもは順応性が高いなあ。)

リラックスしすぎです。(爆)

20061123064501.jpg


子どもたちはみんなリコーダー持参。

(中にはバイオリン持参の子もいました。
かっこいい!)

講師の先生のリコーダー。
プラスチック製でしょうか。
赤くてとても可愛いです。
赤いリコーダーって見るのはじめて。
サイズも小さめに見えますが
気のせいでしょうか。
リコーダーが小さいの?
先生が大きくてらっしゃる(笑)から目の錯覚?

(・・そういえば大人がリコーダー
吹いてるとこってあんまり見たこと無い。)

20061123064511.jpg


曲を聴いたり、
イメージに合わせて絵を描いたり、
イメージをどんどんふくらませたり、
イメージに合わせて好き勝手に(笑)
リコーダー、吹いたり、
仲間でワイワイ話し合ったり、
とにかく「自由!」
とにかく「楽しい!」

遊び感覚であっという間に
時間が過ぎてしまいます。

二日間連続のワークショップ。
初日終了。
とりあえず初日は小手調べって
ところでしょうか。
4年生の今日、やったワークショップを
さらにかみくだいた感じ。
(小さい子でもOK!)

「音楽は楽しい!
 音楽は面白い!
 音楽は全然、難しくない!
 とっつきにくくない!
 楽しくなければ音楽じゃない!」

というメッセージ。
子どもたちに充分、伝わりました。

それも「話」で伝えるのではなく
講師の先生が実際にやってみせ
子ども達にもやらせてみせ、行動で
「音楽の楽しさ」「楽しみ方」
を実感させてくれました。

(私もやってみたかった・・。)

音楽っていいなあ、と素直に思います。
まさに世界の共通言語。
私も何か楽器、習ってみようかしら。(爆)

(ホントにこのワーク見てると
そんな気になっちゃうんだって!)

ピアノがいいかしら。
でもバイオリンも捨てがたいし、
フルートもおしゃれ。
ハープなんか憧れだけど
置く場所がないし。(笑)
サックスもかっこいいし
トランペットもステキ。
いっそ子どもとおそろで
トロンボーンてのも・・。(大笑)

明日も楽しみです。
Shibayama up












11月8日 ニューヨーク・フィルをお迎えしてのアフタヌーン・コンサート

  「ニューヨーク・フィルをお迎えしての
アフタヌーン・コンサート」
・・ああ、何て美しい響き!(笑)
普通、タイトルとかぶる出だしは
粋じゃないので
(私なりのプライド)

絶対、しないのですが
(誰も気にしません!)

それを補ってあまりある美しい響き。
百回でも全世界に発信したいくらい。(笑)
・・まあ、あんまり自慢しすぎちゃいけない!
自慢しすぎて反感を買っては逆効果・・!
逆効果よね・・!
自粛せねば・・!
そう、自粛・・!
自粛よ・・!
・・。

自粛できないわ~っ!(爆)

だって、
だって、そうでしょ?!
一生にそう何回もあることじゃないでしょ?!

自粛してる場合じゃありません!(大爆)

20061122162105.jpg


・・と意気込みは人一倍でしたのに
完全に出遅れました・・!

(充電に帰宅したのが致命的。)

もう、場所がありません!
報道の自由のために2.3人突き飛ばして
やりたいのは山々ですが(笑)
それでは正しいPTAとはいえません。

(PTA・・、いえ、大人たるもの
常に子どもの手本にならなくては。)

無理矢理、割り込みするだけで
ガマンしましょう。(爆)
・・人間、時にずううずうしいくらいが
正解という場合もあるのです。(大爆)

いえ、私は元来奥ゆかしい人間ですが
これも公共の利益のため。
(妄想)

20061122162128.jpg


予想にたがわぬ、いえ、予想を
遥かに超える素晴らしい演奏。
思わずウットリ。

20061122162138.jpg


予想外の展開!
ニューヨーク・フィルの方々が
ジャズバンドと一緒にプレイしてくださいます。

(そんなお約束はありませんでした!)

完全にニューヨーク・フィルの方々の
自発的行動。
ジャズバンドの演奏にとても
感心してくださったようです。

うまい、うまい、とは思ってましたが
こんな「世界の超一流」の方々のお心も
動かしてしまうとは・・!
南山ジャズバンド、すごい!

すごい!

(「世界のトランペットの日野様」が
アリーナでセッションしてくださった時、
薄々、そんな気はしてましたが。)

やっぱり南山ジャズバンド、
かなりのハイレベルかも?!

(まだ、やっと一年ちょっとでしかも
創設メンバーはごっそり卒業しちゃったり
してるのに、そんなのあり?!)

でも、やっぱりそうなのよねー。
客観的に見ても(不可能)
激ウマなのよねー。

もちろん南山の子どもたち
1人1人が超優秀で才能があることは
当然として
(親バカ炸裂)

これを環境の勝利、教育の勝利と
いわずして何といいましょう。
地域、家庭の教育力が優れていることは
ひとまず置くとして

(笑。自画自賛。
・・ほっといてください。)

ここまでご指導くださった先生方の
熱心さ、情熱、ご努力には深く頭を垂れるばかりです。

・・南山小で本当に幸せ。
全世界に誇れる素晴らしい学校です。

「南山、最高!」

自信を持って我が子の通う学校を
自慢できます。(笑)
PTAとしてこれ以上、幸せなことが
あるでしょうか。
・・いや、ない!(大笑)

(こんな学校って他になくない?
こんな経験ってそうそうできる?)

・・ただでさえ超優秀な南山ジャズバンド。
そこに天下のニューヨーク・フィル・ハーモニー
のメンバーが加わるのです。
もう手がつけられません。(笑)

素晴らしい。
素晴らしすぎる演奏。
ただ、ただ、拍手!
拍手です。

(今日の聴衆、超ラッキー!)

ハッ!
そうだ、自粛でした!
自粛しなければ・・!
あまりに自慢しすぎるのは
野暮というもの。
(すでに手遅れ)

それでは最後に一言だけ。

「南山、最高!」(笑)
Shibayama up












11月8日 ニューヨーク・フィル3.4年生ワークショップ

 「もしかすると11月頃、
ニューヨーク・フィルが
南山にきてくれます。」

また、また、副校長先生、冗談がお上手!

あ!の!ニューヨーク・フィル!

あのニューヨーク・フィルが
うちに来てくれるはずがないじゃ
ありませんか!

え?冗談じゃないの?
本気?!マジで?!

ニューヨーク・フィルってどの
ニューヨーク・フィル?

「たまたま名前が一緒の日本人バンド」
とか
「そーゆー名前の人」
とかなしですからね!(笑)

・・思い返せば今年度のはじめ
お話をうかがった時から半信半疑の私。
何だか雲をつかむようなあやしげな(笑)お話。
失礼ながら「もしかしてただの願望・・?」

(*暴言、お許しください。)

などと案じておりました。

ニューヨーク・フィルといえば
私でも知ってる世界の超一流オーケストラ。
そんな団体がなぜ南山に・・!

しかし、この光景を目の当たりにしては
さしも懐疑的な私も現実を
認めざるを得ません・・!

じゃ~ん!

20061122064416.jpg


ニューヨーク・フィルの方々が
南山小にやってきてくださいました!
3.4年生のためにワークショップを
行ってくださいます。
それも2回も!
今日はその第1回目。
2回目は明日の予定です。

(ごめん。
都合、つかなくて4年生の分しか
取材してません。)

今日は朝から過密スケジュールなんです。
(私じゃなくて学校がね・・。)

20061122064432.jpg


ええい!
ひかえい!ひかえおろう!

「あなたたち、ニューヨーク・フィルって
知ってるの?!
(よく知らないに決まってる。)
これがどんなに貴重な経験か
わかってる?!」

思わず子どもたちの背中を
どついてやりたくなります。(笑)

20061122064444.jpg


本当になんて幸せな子どもたちでしょう!
南山小でラッキー!

詳しいことは存じ上げませんが
何でも「副校長先生の顔」で
話がとんとん拍子にまとまったそうです。
副校長先生の人脈、恐るべし!
一体、ニューヨーク・フィルと
どんなコネクションがおありになる
というのでしょう。

・・やっぱり謎の秘密結社とかに
加入されてるのかしら?!(爆)
(*過去ログ「お父さんの会」参照)

と、いうわけで元気いっぱい、幸せいっぱいの
南山の子どもたち。
4年の担任の先生も元気いっぱい、幸せいっぱい、

20061122064455.jpg


「フォーッ!!」

「なんでもいいから決めポーズ」の
お題で鮮やかにポーズを決めてくださいました。
場内、爆笑。

・・子どもたちはともかく私たち大人は
緊張しまくり

「粗相があってはいけない・・!」
「何かあったら国際問題!」
「南山の恥は日本の恥!」(爆)

数々のプレッシャーに負けそうでしたが
先生の「フォー!」のかけ声で
一挙に緊張も消し飛びました。(笑)

さすが先生、あの緊迫した場面で
己を捨てて(笑)ウケ狙いに走るなんて
実にお見事。

南山は今年からですが別に新人てわけでは
いらっしゃいません。
そんな方にこんな言い方は
大変、失礼ですが、近頃のご様子には
感無量。
一際、ご立派になられました・・!(僭越ながら)
(子どもたちも大喜びです。)

20061122064505.jpg


待ってました!
ニューヨーク・フィルの方々の演奏!
わあ!レコードみたい!
いえ、何物にも代え難い生の迫力。
やっぱり本物は違います。

(私にだってわかるも~ん!)

こんな子どもの頃から「世界の超一流」の
音楽に触れることができるなんて
超・超・超ラッキー!
この子たちってきっと、立派な大人に
なれるだろうなあ。

(私なんかよりはるかに、きっと。)

私の分まで世の中に貢献してください。(笑)

4年生の代表、二人。
何と今日のために昨日、即興で
「作曲」をしてくれました。

20061122064514.jpg


え?
これって「作曲」?

20061122064523.jpg


ホッ。
これは「作曲」っぽい。(笑)
・・などと考えたあなた!
(私のことです。)
それこそ俗物の発想!
素人の浅はかさ。

音楽とはそんなものではありません!
もっと自由な発想で楽しむのです!
(ウケウリ)

別に「楽譜」じゃなくていいんですって。
「音符」でもいいし「音符」じゃなくても
いくらでも音楽は表現できるそうです。

「わくわくする感じ」
とか
「楽しい、楽しい!」
とか
「とってもおもしろい。」
とか
「元気いっぱい。」
とか
「えらそうな雰囲気」
とか
何でもOK。全部、音楽です。
それどころか「絵」でも「線」でも
「記号」でも大丈夫!

あ~ら、不思議。
ニューヨーク・フィルの方々の
手にかかれば本当に立派な
「曲」の完成です。

感謝、感激。
魔法のような「作曲」に4年生大感激。

・・たしかにこれなら誰でも「作曲」
できます。
私にもできそう。

(私の「曲」も弾いていただきたくなっちゃう!)

作曲は誰でもできそうです。
ただし、この超人的解釈はやっぱり
それなりの方々でないと無理なんじゃ
ないかしら?

(誰か私の「曲」も弾いてください。)

というわけで4年生、全員に宿題が
出されます。お題はもちろん「作曲」!
何と明日はその曲をニューヨーク・フィルの
方々が演奏してくださるそうです!

フォー!(笑い)

・・いいなあ、私も混ぜて欲しいです。(爆)

20061122064557.jpg


最後は子どもたちに自由に「好きな楽器」を
弾かせてくださいます。

20061122064608.jpg


ニューヨーク・フィルの方々、本当に
みなさん、優しくて子ども好きでいらっしゃいます。
南山の4年生が素直で可愛くて賢くて一生懸命で
明るくて元気で健気なことは
衆目の一致するところなので
(親バカで結構)
そのせいも多分にあるかとは思います。

講師の先生方、ひいき目でなく
とても楽しそうでした。
子どもたちはもとより先生方も大変、
楽しそうに、そして熱心に
ワークショップを行ってくださいました。
子どもたちと一緒に楽しみながら
「音楽を作り上げていった」
ように思います。

「世界の超一流、ニューヨーク・フィルきたる!」

などと聞くと、大上段に構えたお偉い
マエストロが恐れ多くも「音楽の講義」を
してくだる(笑)かのような印象を持っておりました。
でも実際は全然、違いました!

もっと素直に自然に素朴に

「音楽って楽しいんだよ。
誰にでもできるし、どこにでも
あるし、自由なんだよ。」

ということを子どもたちに教える、というより
ごく自然に伝えてくださったように
思います。

う~ん、子どもの頃、こんなワークショップを
受けてれば私も今頃、
アーティストだったかも知れないのに。
(わっはっは)

世界に冠たるニューヨーク・フィル。
そのメンバーに来ていただくとなると
ものすごくお金がかかるらしいです。
(よくわかりません。
でもニューヨーク・フィルを
呼ぶのって普通はそうなんでしょうね。)

もちろん南山にそんなお金はないので(笑)
リップサービス。

「給食、ご馳走するので来てください!」

の一言で来てくださっちゃった、とか何とか。(爆)

「え?冗談でしょ?
それってマジ?
ウッソー!」

の世界ですが何かホントだったみたい。
(人脈、恐るべし!)
まあ、南山の給食は栄養タップリ。
主事さんたちが心を込めて愛情タップリ
作ってくださるのでとてもおいしいですからね。
ニューヨーク・フィルに匹敵するかも・・。(笑)

20061122064619.jpg


これが問題の今日の給食。
ちょっと和風。
今、日本食はヘルシーで世界的ブーム。
意外とツボかもしれません。

20061122064629.jpg


ニューヨーク・フィルの方々、
5.6年生と一緒に会食です。
つたない・・いえ、立派な英語で
一生懸命、ニューヨーク・フィルの
方々に話しかける5.6年生。
「国際科」の授業の成果もばっちり。

20061122064641.jpg


英語の知識では私もそんなに5.6年生に
劣るとは思いません。
(ま、そんなに堪能ってわけじゃないし。)
でもコミュニケーション能力では
彼らの足下にも及びません。

「こんなこといったら間違ってるかも・・。」
「単語忘れた。文法もいい加減だし。」
「恥をかきたくない!
(それくらいなら黙っていよう。)」(爆)

そーゆー保身が先に立ってしまうので。(笑)
素直な5.6年生は案じるよりまず
コミュニケーション!

(それで案外、通じるものなのね。)

あんまり期待してなかったけど(爆)
これも「国際科」の授業のおかげかしら。
全然、期待してなかったけど(大爆)
(単なる「お遊び」程度かと・・。)
結構、役に立つ授業かも。

さあ、お昼休みはニューヨーク・フィルを
お迎えしてのアフタヌーン・コンサート。
私も家に帰って
(文字通り)
充電です。
Shibayama up






11月8日 地域清掃

今日は朝から大忙し。
南山の子どもたちが街を
きれいにします。

まずは決起集会。(笑)

ズラリと先頭に並ぶは南山の誇る
超精鋭エリート部隊、
最高学年、6年生。
鮮やかな緑のゼッケンがまぶしいです!

20061122002647.jpg


さあ、出発!
班ごとに受け持ち区域が決まっています。
今日の収穫やいかに?
元気いっぱい、スタート!

20061122002659.jpg


道すがらしっかり落ちてるゴミを
チェック。
残念ながら(笑)商店街の方々が
毎日きちんとおそうじしてくださっているので
街はとてもきれい。
あまり出る幕はなさそうです。
しかし、大切なのは

「街をきれいにしよう!」

という気持ち。
存分に内外にアピールしましょう。

(ちょっと、ちょっと
これって宣伝活動?!)

いえ美しいボランティア活動です。
ですが宣伝効果はこのブログを
はるかにしのぎます!(涙)

20061122002712.jpg


こんなに可愛らしい子どもたちが
一生懸命、おそうじしてるんですから。
当然ていえば当然。

これを自分のうちやお店の前で
やられた日には感動のあまり涙腺直撃、
思わず笑顔でしょう。
(文章、ちょっと変。)

20061122002724.jpg


こんな所にもゴミが!

・・アッ!危ない!
片足が歩道からはみだしてます!

20061122002747.jpg


「絶対に車道に出ては行けません!」

すかさず救助に走られる先生
無事、確保?です。

・・アッ!危ない!
1人だけ班から離れてちょっと遠くに!

(単独行動はいけません!)

またまた、救助に向かわれる先生。
無事、確保。

20061122002800.jpg


なんか地域清掃班の中で
先生だけはレスキュー隊みたいだなあ。(笑)

それもそのはず。
朝とはいえ結構、交通量あります。
車が通ると、

20061122002811.jpg


こんな感じ。
車道に出ると大変、危険です。
みんな、気をつけましょう。

20061122002820.jpg


南山小、地域清掃隊の十八番。
街路樹の下の枠?の下です。
この小さな隙間に割り箸を突っ込んで
タバコの吸い殻など小さなゴミを
ひろうのが今、もっともトレンド。(笑)

おしゃれな南山キッズの間で大流行!

(お箸の使い方の練習にも
なるよ~ん。)

20061122002833.jpg


商店街の方々もおそうじに出てこられる
時間帯。

「おっ、また、きたな。」

南山の子どもたちの姿に
目を細めていらっしゃいます。

20061122002845.jpg


はっきりいっておそうじのお邪魔
だったりするケースもありますが(笑)
お店の方達はみなさん、ニコニコ。

「おそうじ、お疲れ様です。
ありがとうございます。」

「みんな、えらいねえ。
おかげでとっても綺麗になったよ。」

など口々に子どもたちに声を
かけてくださいます。

20061122002857.jpg


何と美しくも微笑ましい光景!
こうした活動ができるのも
日頃から地域の方々が温かく
見守ってくださっているから。

学校と地域の理想的連携です!
全世界のみなさん、ご覧下さい。(笑)

さあ、街もすっかり綺麗になりました。
(もともと綺麗ですけど。)

学校に帰りましょう!

20061122002908.jpg


6年生を先頭に道行く方々の
邪魔にならないように一列で歩く
南山の子どもたち。
この姿がまた、凛々しいこと。

「可愛い!」
「えらい!」

街の方々の賞賛の言葉が
大変、耳に心地よいです。

・・地域の方々のご協力をあおぐ活動が
日頃からフツーにあるので

(地域の方々、いつも変わらぬ
温かなご支援、ありがとうございます。)

すでに地域の方々も身内のように
おなりです。(笑)

「今日は○○(子ども)はここじゃないの?」

って感じです。(大笑)
・・前はよく私も「先生の振り!」
とかしてましたけど

(黙ってれば誤解してくださるんです。)

このごろ正体がバレつつあります。(爆)

(残念だなあ。
楽しかったのに。)

20061122002735.jpg


今日の収穫。
意外に大量!
南山の子どもたち、
大活躍です。
Shibayama up



11月7日 4年生レディース アフタヌーン・コンサート

南山名物、いえ、今や
世界に冠たる(笑)アフタヌーン・コンサート!

20061121233331.jpg


ま、まぶしい!
あまりにもまぶしすぎます!
さながら綺羅星のごとき品揃え。

(だって、ニューヨーク・フィルよ?!
中東視察団よ?!)

華麗なるスケジュールの中では
若干地見目なのは仕方ありません。(笑)
本日のメインイベント、4年生レディース!

20061121233207.jpg


まあ!可愛い!
何て愛くるしいんでしょう!
自分の子がメンバーにいるという
自粛すべき事情を考慮しても
この可愛らしさは否定できません。(大笑)

(みんな、可愛すぎ。)

20061121233218.jpg


地味だなんてとんでもない。
ミュージック・オブ・エンジェル
かと思っちゃった!
天使。
音楽の天使です。
(「オペラ座の怪人」風です。)

これだけ可愛ければ演奏なんて
いいや、もう、どうでも。(爆)

20061121233229.jpg


いえ、仮にもアフタヌーン・コンサート。
演奏せねば!
・・というわけではじまりました
「ミッキーマウス・マーチ」

可愛い!
可愛いです!

「え?ピアノ以外、
もしかしてアドリブ?」

「え?ピアノ以外、
楽譜っていらなかったりする?」

・・つまらない憶測はやめましょう。
大変、素晴らしいピアノ。
他の楽器もよくついていきました。

(何よりとっても楽しそう。)

このところものすごいハイレベルな
演奏が目白押しで

「それが当たり前。」的になってきましたが
アフタヌーン・コンサートの
精神は

「誰でも身近にふれあえ楽しめる音楽」

今日の演奏こそある意味、
アフタヌーン・コンサートの
真髄といえるでしょう。
(テキトー。
・・別にヘタっていってる
わけじゃないわよ!
素朴な演奏だっただけよ!)

ついでに4年生のおそうじの
様子を拝見。

「ブログにのせるんですか?
のせるんですか?」

「待っててください!
今、ちゃんと(笑)そうじ、しますから!」

・・ありがとう、みんな!

20061121233238.jpg


がぜんはりきって
おそうじ、しだす4年生たち。(笑)

(いえ、その前もおそうじ、
することはしてたんですが。)

20061121233249.jpg


いいえ、違うわ。
私が目指すのはあくまで
ドキュメンタリー!(爆)

20061121233259.jpg


やらせじゃないのよ!
やらせじゃ!(大爆)

20061121233310.jpg


そんな、急にはりきらなくても
いいのよ。
普通で!
カメラを意識しちゃダメ!

20061121233322.jpg


ま、わかりやすいっていうか。
すっごい素直っていうか。(笑)

4年生のおそうじ範囲、ピカピカです。
Shibayama up





第18回港区ふるさと小中学生俳句大会

港区コミュニティ情報誌「Kissポート」をながめていたらこんな記事がありました。第18回港区ふるさと小中学生俳句大会に南山小6年生Yさんの作品が入賞です。
IMG_1575-2.jpg


おめでとう!

Tanigawa UP

11月7日 すごい!6年生 小・中学生の環境に関する自主研究 2

港区 小・中学生の環境に関する自主研究の表彰式に行ってきました。
20061108232721.jpg


区長から賞状と副賞をもらい、記念写真をとりました。
(続きは全文を表示クリック→)

続きを読む

11月6日 全校朝会

  嘘です。
ちょっとはずせない用があって
全校朝会、欠席しました。(笑)
みなさん、申し訳ありません。

(いえ、別に招待されてる訳じゃない、
勝手に行ってるだけなんですけど。)

お詫びの印に南山小の様子をスクープ!

「そんなのいつもやってるじゃん!」

などという鋭いツッコミは着信拒否です!


4年生。
校庭の植物調べ。

20061109103220.jpg


うわあ、何てたくさんの種類!
調べるの大変です。
南山小の豊富な自然。
そんな中で当たり前に勉強できる
環境に感謝!

図書室の壁。
読書コンクールの代表作品がズラリ。

20061109103240.jpg


さすが代表作品。
読み応えがあります。
素晴らしい感想文。

20061109103249.jpg


南山の子どもたち、賢い!

20061109103256.jpg

20061109103304.jpg


どの作品もとっても良いです。
思わずその本を読みたくなっちゃいます。

(場所が図書室だけについ、何冊か
読んじゃいました。
子どもの本って結構、面白い!)

20061109103312.jpg


1.2年生の研究論文?。

(いえ、それくらい立派にできてるもので・・。)

20061109103320.jpg


3年生の研究。
4年生の安全マップ。
どれも素晴らしい作品ばかり。
先生方のご指導の賜です。

20061109103329.jpg

20061109103339.jpg


普段、余り使われてない体育館側の玄関。
今は楽器置き場と化してますが

(今だけ)

そうした場所も決して手を抜くことは
ありません。
もちろんディスプレイの嵐!

20061109103348.jpg

20061109103400.jpg


どのディスプレイも渾身の出来。
見応え満載。
ためになって面白いこと太鼓判。

(すべてに目を通せば知性派の
道、まっしぐらです。)

みなさん、ぜひ学校にいらした折りに
ご鑑賞ください。
Shibayama up



11月3日 文化の日

 安全マップ、危険地帯(笑)。
中心に位置する宮村公園。
文化の日にふさわしく
超洗練された文化的、活動が
展開中です。

20061109101650.jpg


泣く子も黙るどろんこ遊び。
みんなどろどろ。(笑)
別に珍しい光景でもありませんが、
さすがに4年生はあまり
やらなかったりする遊び。

珍しいです。

(いいなあ、幼・・、いえ、無邪気で。)

20061109101702.jpg


小さい時、思い切りどろんこ遊びとか
してた方が、将来、立派な大人に
なれるんですよね?

・・何かそんな理論ありませんでしたっけ?(笑)

高齢化集団(笑)のどろんこ遊びだけに
ただものではありません。
写真、とりそこないましたが
プラレール敷き詰めて電車、走らせて
そりゃあ、見事でした!

(何て文化的!)

みんな、おうちに帰ったら
お風呂場に直行しましょう。
Shibayama up




11月2日 体育朝会

 朝のお出迎え。
先生、おはようございます。

20061108073133.jpg


大分、肌寒くなってきました。
体調を崩しがちな子も多いみたい。

(うちの子もちょっと風邪気味。)

「風邪気味」って難しいんですよね。
いっそ熱でも出してくれれば

「安静にしましょう!」

といえるのですが本人がヘタに
元気なだけに行動を制限しづらい。
そうこうするうちに周りに病原菌
まき散らしたあげくやっとダウン。

いつも

「ひきはじめに安静にしとけば
良かったかしら?」

とか反省するのですが、学習能力ゼロ。(笑)
そのまま、ころっとなおっちゃったり
することもよくあるので
もう、今ではすべてを天にお任せしております。(爆)
体調管理、テキトーです。(大爆)

さて、けさは体育朝会。
お題は「腕っぷし」(笑)
「腕の力」だそうです。
小手調べは「腕立て伏せ」。

いつものお手本。
4年生の先生。
運動神経抜群。
新人。
若い。
さわやか。
何も言うことはありません。(笑)

20061108073147.jpg


次の技は何ていえばいいのかしら。
「二人馬乗り」?(テキトー)
パッと見、超簡単そうなのですが
意外と難しいらしいです。

(私はトライしてないので
よくはわかりませんけど。)

20061108073159.jpg


南山名物。
先生方の熱いご指導が
はじまります。

20061108073259.jpg

20061108073312.jpg

20061108073324.jpg

20061108073342.jpg


とても微笑ましい光景。
いつもいつも頭が下がります。

私がちょっとワイドショーを
お留守にしている間に(笑)
気が付けば世間は学校or先生バッシング一色。
確かに言語道断の先生が一部に
存在するのは確かでしょう。
そうした一部の存在のために世間一般の
評価が相対的に下がってしまうのは
本当にお気の毒です。

(こんなにがんばってらっしゃるのに!)

でもテレビ見てると世の中の先生という
先生はみーんな悪人に思えてきちゃう。(笑)

私はいつも取材してるので

「南山小はそんなじゃなくて良かった!」

と安心してられますが知ってるのは南山だけ。

(先生が生徒を罵倒したり侮辱したり
ましてやいじめたりなんて考えられません。)

「ひょっとすると他の学校は
恐ろしい所なのかもしれない・・?!」

と疑心暗鬼に陥っております。(爆)

見学の子どもたち。
何だか呆然としてます。(笑)

20061108073423.jpg


「見学の間は動いてはいけない!」

という秘密の規則でもあるのでしょうか?
微動だにしません。(笑)

(この間もそうでした。
とっても不思議。)

反省会。

20061108073447.jpg


先生のお話は聞こえませんが
とても良い体育朝会だったと思います。

退場行進。
行進曲は何と「プリキュア」!

(アニメの主題歌です。
ちょっと前だったかしら。)

アップテンポの軽快なメロディ。
え?
この曲のテンポじゃ歩けな~い!(笑)

20061108073458.jpg


曲につられ走り出す低学年。
そこは貫禄の6年生。
曲など気にせず
(完全無視!)(笑)
堂々の行進。
いや、お見事!

先生のちょっとお茶目な選曲。
その手にひっかからない
賢い6年生。(笑)

最高学年、健在です。
Shibayama up






11月1日 朝

 お片付けもすっかり終わり、
きれいにリニューアルされた玄関。
4年生の気球がいい感じに
飛んでます。

20061108062812.jpg


新しくタイトルもつけて
「南山小学校の今」、
美しく飾られます。
とっても楽しい展示です。

式典にそなえ学校中が華麗に
ディスプレイ!
どこもかしこもピカピカに
みがきあげられました!

・・今までの写真を見返して
いただければよくおわかりになります。
本当にピカピカ光ってます!

学校の廊下とか体育館の床とか
キラキラ、ピカピカ。(笑)

「床ってこんなに磨けば光るんだ!」

と感心することしきり。
・・床だけではありません。
壁もドアも天井も校庭も外回りも
いっつも主事さん達が一生懸命、
綺麗にしてくださるので
とても快適。

130周年で磨きがかかり
さらにグレードアップの南山小。
綺麗すぎて困っちゃう!(笑)

・・唯一、あまり綺麗でないのは
主事さんの手の及ばない
PTA会議室だけです!(大爆)

20061108062826.jpg


昔は職員室前のポストのあたりくらいだと
いちいち、スリッパにはきかえるのも
面倒で

「・・誰も見てない。今だ!」(爆)

と、土足で踏み込んだり(大爆)してましたが
今は無理。
こんなにピカピカ輝かれては
とてもできません!(笑)

(ちゃんとスリッパに履き替えてます。)

20061108062845.jpg


こんなに学校を綺麗にしてくださって
本当にありがとうございます。

20061108062902.jpg


主事さん、ありがとうございます!
Shibayama up




10月31日 ハロウィン!

やってきました!
ハロウィン!

今年は130周年の方に夢中で
ほとんどアウト・オブ・眼中だったのですが
子どもたちが勝手に計画立ててたみたい。
・・気が付いたらうちに集まって
みんなで変装・・、いえ、扮装してました。(笑)

20061108061123.jpg


ハリー・ポッターと魔女軍団です。
どうです。
超可愛いでしょう!
(自慢!)

20061108061138.jpg


うちは安全マップ上、「危険地帯」(笑)
なのですが同時にハロウィンのど真ん中
でもあります。
一歩、外に出ればそこはハロウィン!
・・て感じで。

20061108061151.jpg


バレンタインやクリスマスと違って
イマイチ、日本に定着しない、と
いわれるハロウィンですが
このあたりでは大人気!
一度、はまるとやみつきです。'(笑)

(子どもたち、大喜び。
魔女になりきってます。)

20061108061202.jpg


特に今年は熱くもなく寒くもなく
快適。
快適。

そのせいもあるのでしょうが
年々、人出も増してます。

(お祭りと一緒で大勢いないと
盛り上がりません。)

だまされた(笑)と思ってみなさんも
来年、どうぞ!
Shibayama up

10月31日 全校朝会

全校朝会。
あの素晴らしい式典後、すぐの朝会。
足取りも軽くなろうというもの。
校長先生のお話が楽しみです。

(絶賛、間違いなし。)

20061107171049.jpg


ビンゴ!
予感的中。
子どもたちの立派な態度、
素晴らしい演奏、
感動的な呼びかけなど、
賞賛なさる校長先生。

(いやあ、誉め言葉はいくら聞いても
聞き飽きないなあ。)

ま、控えめに言っても
正当な評価だし。(笑)

先生方も嬉しくってしょうがないと
思います。
可愛い生徒の晴れ姿。
演奏から呼びかけから挨拶から
お辞儀からしつけから一般常識まで(笑)
すべて子どもたちを指導してくださったのですから。

「さすがうちの子(・・とその友達)、賢い!
立派!可愛い!うまい!」

(・・これも私の(私たちの)育て方が良かったから!)

と半ば本気で思ってますが(爆)
一から十まで先生方のご指導あってこそ。

先生方、ありがとうございます。

・・といいつつ、

「やっぱり育て方が良かったのよね。」

との考えを捨てきれない
自分がいたりして。(大爆)

私の雑念をふりはらうかのように(誤解)
菜園?の手入れに集中なさる
1年生、補助の先生。

20061107171103.jpg

20061107171117.jpg


はっきりいって私の存在は
アウト・オブ・眼中かと・・。(笑)

20061107171141.jpg


あれほど何やらゴタゴタ(笑)
生えていたのに本当にさっぱりしました。
お次は何を植えるのでしょう?

20061107171128.jpg


栄光の式典の余波でしょうか。
いつにもましてきりりと凛々しい子どもたち。
ま、まぶしい!
オーラが見えます。

全校朝会の時の姿勢。
お話を聞く態度。
鼓笛隊の見事な演奏。
立派な行進。

気のせいか、一段と素晴らしく
感じられます。

(親バカかしら・・。)

・・しかし振り返って見れば
去年も今頃、似たようなことを
思ってました。
やっぱり成長、ですよね。
1学期からの教育の成果。

(長い夏休みで大分、成果を
破壊しちゃいましたけど。)(爆)

9月、10月で破壊した分、
見事に取り戻したって、とこかしら。(大爆)

特に6年生。

6年生の成長ぶりには目を見はります。

・・思い返せば去年の6年生は素晴らしかった。
「うちの子の学年」オーラもありましたけど
それを割り引いても優秀でした。
(親バカ全開)

「こんな素晴らしい6年生が卒業してしまったら
南山小はやっていけないのでは・・・?」

とひそかに胸を痛めておりましたが
いらぬ心配でした。(笑)

去年の6年生は特別、素晴らしかったのだと
思いたい、いや、思ってますけど
今年の6年生も勝るとも劣らないことは
認めざるを得ません。

(しぶしぶ。
式典での活躍ぶりを目の当たりにしては
仕方ありません。)

ちょっとがっかり。(笑)

・・でもやっぱり去年の6年生は
特別よ!
(親バカは永遠です。)

全校朝会、終了。
さて、式典の後片付けです。

20061107171203.jpg

20061107171213.jpg


「南山小学校の今」
を現した展示。
残念ですが片付けです。

でもこのままお蔵入りにするのは
あまりにももったいないです。
しばらく玄関に展示すことになりました。

式典にはごく少人数のお手伝いの保護者しか
いらしてません。
そのお手伝いの保護者の方も
お手伝いに忙しく展示などゆっくり
ご覧になる暇はおそらくなかったでしょう。
ですが素晴らしい資料の数々。
ぜひ多くの保護者にご覧いただきたいです。

(南山の楽しい1年間がよくわかります。)

20061107171256.jpg


体育館の後片付け。
高学年、大活躍。

20061107171223.jpg


子どもって結構、役に立つ。
使える!

20061107171233.jpg


何だ、つい面倒だと思って
やらせないけど
やらせてみれば結構なんでも
できるじゃん!

20061107171243.jpg


・・ということに気づいたのも
去年の今頃。(笑)

いったん、気づいてからは
積極的にうちの子を
使いまくってます。(笑)

家事が一挙に楽になって
極楽、極楽。(大笑)

(洗濯、掃除、買い物、ゴミ捨て、
風呂そうじ、縫い物、妹の面倒、パシリ(笑)
そのほかいろいろ。)

「今、勉強しようと思ってたんだよ!」

などという姑息な言い訳は
私には通じません。(爆)

断言。
子ども(高学年)は役に立ちます!

(労働基準法には抵触しないかと・・。)
Shibayama up














すごい!6年生 小・中学生の環境に関する自主研究

「小・中学生の環境に関する自主研究」の審査結果が区役所1Fホールにて展示されています。
IMG_1502-2.jpg

IMG_1498-2.jpg

IMG_1500-2.jpg

IMG_1501-2.jpg

(続きは全文を表示クリック→)

続きを読む

10月28日 130周年記念式典・祝う会

10月28日 130周年記念式典及び130周年を祝う会が行われました。
記念式典では、子どもたちが南山小学校の歴史を紹介してくれました。「木星」の演奏も素晴しく感動的でした。
玄関ホールでのジャズバンド演奏。校庭での風船上げ、雲ひとつない青空に高く飛んでいった色とりどりの風船の景色は子どもたちの胸に深くきざまれたと思います。
IMG_1491-2.jpg


(写真データがこれしか手もとにないので、入手次第UPします。ご勘弁の程)Tanigawa
プロフィール

南山小PTA

Author:南山小PTA
更新は会員の皆様の協力で行っています。写真について削除を希望の会員の方は御一報下さい。nanzanptahonbu@gmail.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。